2010年06月17日

「感激」が創造の基本

唐津の中里太郎右衛門氏(大正12年生まれ)の「唐津焼」に関する資料を拝読しました。

「叩き」の技法が、中国を源として一つは南のタイを中心に展開し、北の方へは朝鮮を経て唐津へ来た、現在もタイでも韓国でも、「叩き」の技法は残っている。

「叩き」の技法は、朝鮮半島から伝わったもので、新羅土器の古い時代のものは「叩き」です。厳密に言うと新羅土器とは多少相違点がありますが、金海土器と称されているものです。中国から伝わった技法の金海土器は、二、三世紀ぐらいまでの間に作られたもので、百済、新羅、任那の土器となり、それが朝鮮半島からさらに日本に伝わり、焼き締まった陶質土器、すなわち須恵器が誕生してくるわけです。そしてこの須恵器にも、叩きのものとそうでない二通りの系統があったのです。

もう少し古い年代に遡ってみますと、中国で最も古いやきものに通称アンダーソン土器(彩文土器)といわれているものがあります。叩き手の技法の源泉はここに見出されます。…この叩き技法で陶器を作った連中は、タイの学者の説によれば、タイ系文化であるとされています。…タイにチェンマイというところがありますが、雲南に動いた連中が南下したんでしょうね。紀元前三〜四世紀の頃、タイの内陸で印文陶器ができております。タイでアンダーソンより古い時代の土器が出土しています。おそらく世界最古の土器の一つではないかといわれています。…タイには中国よりもっと古い、前四、五千年以前から土器があったわけですね。
(以上、「陶工陶談」より)

「叩き」の技法で、唐津では、青海波紋様が器の内側に見られることが多いが、これは松の木を内側に当てて叩きを入れているからです。松の木の年輪が波の紋様になっているわけです。紋様のある理由を調べてみるのも発見があり、面白いものですね。

同様に、「縄文土器」の名付けの由来となっている「縄目」にも、装飾としてだけではなく、土を締めるという役割があることは、以前にブログにも書きました。実に韓国の「三島(印花文等)」が器胎を紋様で埋め尽くすことで、土を締める効果をももたらしていることは陶工が自ら体験して気づいていたことでしょう、と私も三島手の作品を制作してきて思い当たったことでした。

さて、今日、中里太郎右衛門氏の文章から、共感した箇所がありましたので、引用させていただきます。(以下)。

「感激が創造の根本」
なぜ唐津はいいものが焼けたかというと、朝鮮から渡ってきた陶工が、感激して作っているからです。何か新しいものをやる、日本ではまだ釉を掛けたやきものがなかった。いわば処女地に対する意欲がものすごくあった。それに、本国にいるときは賤民としてしか扱われなかったが、こっちへきたら待遇がいい。感激したんですよ。なんでもそうじゃないですか、感激がなければいいものは作れない。 


「感動こそ、私の作陶の原点」「自分が感動してなければ人に感動が伝わるはずがない。と、いつも言い続けてきた私にとって、理屈抜きで、大きく頷ける言葉でした。


posted by 丸山 陶李 at 16:22| 夢は枯野を

2010年06月11日

陶李Mail-Magazine第51号

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

陶李Mail-Magazineは、年数回不定期に発行しております。

★このMail-Magazineは、いつでも解除する事が出来ます。
★解除はホームページ(トップページ)「陶李メールマガジン」
 登録・解除からどうぞ。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

皆様お変わりございませんでしょうか?

こんばんは!丸山陶李です。
今年の梅雨は雨が少ない予想とか…。
札幌在住の時には、梅雨のない快適な日々でしたが、
関東に戻った年には、湿度の高さになじめず関節が痛くなりました。
鬱陶しい時期ですが、皆様も快適に過ごされますように。

こちら取手市の陶房の周囲では、田植えも終わり
毎晩カエルの大合唱が聴こえます。
残念ながら今年は「佐藤錦」の実をムクドリにきれいに食べ尽くされてしまいました。
私が、感染症と過労で倒れた週でした。
「防鳥ネット」を購入して被せようと思っていたのですが、
気がついた時には一粒も残さず食べられていました(涙)。
気をとりなおして、これから梅の収穫、プラムの収穫、
夏には枝豆の収穫、秋には「つくば」という品種の栗が収穫できることを楽しみにしています。

陶李Mail-Magazine第51号を、お届けします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆縄文土笛 =太古の土笛の音にドキドキ!=をつくろう
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
毎年恒例になっています。読売日本テレビ文化センター柏・夏休みの公開講座ですが、
今年は、「縄文土笛」の制作します。
親子でも、大人一人でも参加できますので
お誘い合わせの上、是非夏休みの思い出や自由研究として
二時間楽しんでください。

・開講日 7月31日(土)13:00〜15:00
・大人2940円 こども1890円 親子4200円
・教材費 600円(おひとり分 土500グラムと焼成費)
・場所 読売文化センター柏(そごうアネックスビル四階)
・お問い合わせ 04-71643060

縄文時代の土器、縄文紋様で埋め尽くして、土笛を作ります。
どんな音がでるかは、窯から出してからの楽しみですね。

申し込みが始まりました。夏休みの思い出に親子の参加を楽しみにお待ちしています。大人単独の参加もOk!です。

http://www.ync.ne.jp/center/kashiwa/tokubetsu.htm

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆陶セラピー講演について
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

9月に大阪で日報主催の環境展があり、関連して私の「陶セラピー」の講演もしていただければ、と阪神淡路大震災ののち、
ひきこもった若者たちに、土(のかわりに、そば、うどん」を使用して創作するアプローチをなさっている方から、オファーがありました。日程が合えば、伺って土の可能性や優位性についてもお話しして参りたいと考えてています。
http://www.nippo.co.jp/n-expo010/o_ne10a.htm

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆丸善本店4Fギャラリーでの芸術祭
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

9月23日から29日、丸善本店(東京駅前)のギャラリーで、
「丸善芸術祭」が開催されます。

「優れた作家の作品が集結・技魅せる展示会」

7人の推薦作家に選ばれています。9月までに、展示できるような作品ができるかどうか・・・私の心配です。

腰を据えて、井戸茶碗を初め、オブジェなども制作して発表したいと考えています。
http://www.maruzen.co.jp/Blog/Blog/maruzen02/C/6.aspx

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

では陶李Mail-Magazine vol.51は、この辺で。
皆様、お健やかでありますようにと祈りつつ…


┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏     丸 山 陶 李 
┏┏  
┏   URL http://touri.jp
posted by 丸山 陶李 at 23:23| Gallery 陶李