2009年06月20日

フレンチレストラン「かやの茶屋」

今は亡き、カウンターテナー藤岡宣男さん
札幌のコンサートホール・キタラで中世音楽を聴き、帰りに案内されてお食事をご一緒したのはキタラのある中島公園から徒歩数分の電車通りにある「フレンチ・レストランかやの茶屋」でした。

kayanocyaya_shop.jpg

当時、中島公園の前にあるヤマハに勤務していた藤岡さんには、近辺のシャレたお店をいくつか紹介していただきましたが、
札幌在住時代、特に私のお気に入りとなった「かやの茶屋」には、道外から友人・知人が来道される時には、必ずご案内するお食事処となっていました。

実は、もう一件、藤岡さんに教えていただいた、お気に入りの「豆腐料理専門店」があるのですが、今は小樽に移転されました。ここも皆でワイワイと食事を楽しんだお店でした。

さてさて、中島公園の入り口に「札幌パークホテル」があるのですが、私は毎年、そこで個展を開催させていただいていました。

札幌の個展は夏が多かったのですが、
暑い中を、半ズボン姿で自転車をこいで個展に駆けつけてくれる「かやの茶屋」のシェフ・荒若さんには、大変お世話にもなりました。

ご注文いただいて店内で使っていただいている「ブラック&ホワイト」という大きな平皿(三島手)二枚組がありますが、

black&white.jpg

かやの茶屋には現在オンラインショップが開設されているので、久しぶりに「ブリュレ」(絶品です!)を取り寄せようかなぁ、とアクセスしたところ、私の好物の北海道ハンバーグステーキが、オンラインショップで扱われているのを発見しました!

そこで、びっくり。
目をこらして見ていたら・・・
ハンバーグステーキが盛り付けられている大皿。
なんと私の「黒高麗角皿」ではありませんか!

嬉しかったです。↓

kayanocyaya.jpg
「かやの茶屋・オンラインショップより」

私がお店に食事に伺うと、私の作品にシェフのお料理をこのように盛り付けて出してくださったのですが(過去の画像)
2001kayanocyaya.jpg2001kayanocyaya_1.jpg

自分の作品に料理を盛り付け愛用していただいているのを知れたことは大変嬉しく、作者冥利につきます。

お店のブログにも私のサイトへリンクを張り紹介していただいているのも新たに知りました。

嬉しいですね。
早速、「ブリュレ」と「北海道ハンバーグ」がセットになった『ディナーセット』を注文しました。

今年のシェフの仕込んだ生ハムはどうだろう?
梅ブランデーはこれから仕込みかなぁ?
と、荒若シェフのお料理を懐かしく思う今日でした。

posted by 丸山 陶李 at 10:49| Gallery 陶李

2009年06月12日

You Tube チャンネル開設

お久しぶりのブログです(ノ_・。)

「忙しい」という字は、「心」を「亡ぼす」と書くそうで、
ブログを更新していないのは、忙しいから・・・とご心配いただいたかと思います。

忙しいというより、生きていく中で遭遇する種々な事象に、精一杯取り組んでいた、というのが本音です。

心を亡ぼしてはいけない。と、このような現実の中で自分に言いきかせるように反芻しておりました。

さてさて、これからメールマガジンを発行して、皆様にもお知らせする予定ですが、

オンラインショップ「Gallery 陶李」のURLが変わりました。
 私のサイト内に、新規移転、改装新装(笑)し、新たに出発しました。
こちらはCMSで構築しました。お買い物にはSSL対応のヤマトのクロネコ@ペイメントが、ご利用いただけます。

・サイト全体をリニューアルしました。
 十年もホームページを開設していますと、積もりに積もったサーバー内のゴミのようなファイル(画像が特に多いです)の整理、ディレクトリの整理、そして見えないところではありますが、ファイルのソースの整理、CSSでのデザイン一括管理へ、と様々な作業が、ドーンとたまっておりました。
 すっきりしたのは、裏方ばかりですが、トップページをはじめ、いくらかアクセスしてくださる皆様にも、お感じいただける部分があるかと思います。

・You Tubeに動画チャンネル「陶芸家 丸山陶李チャンネル」を開設しました。
 陶芸家としてのチャンネルを新規開設し公開しました。実は、私的にはYou Tubeでチャンネルを持っていたのですが、今度は公的に新たにIDを取得し、私の動画集として公開することにしました。
 
いずれも、このブログの左側に、バナーがあり、クリックするとジャンプできますので、興味のある方はアクセスしてください。

梅雨入りで、湿度が高くなってきて、湿度に弱い私には辛い季節ですが、皆さんも体調にお気をつけて!

touri_volks.jpg
愛犬フォルクスと(北海道のブルーベリー農園で)
posted by 丸山 陶李 at 23:19| 陶芸・個展関連