2008年11月23日

Deo Gratias!

■ペトロ岐部と187殉教者列福式
開催日:2008年11月24日(月、振替休日)
開場 10:00 / 開始 12:00(15:00終了予定)
場所:長崎県営野球場【通称:ビッグNスタジアム
主催:ローマ教皇庁、日本カトリック司教協議会
主管:「ペトロ岐部と187殉教者列福式」実行委員会

明日の正午から開催される列福式はwebでも配信される予定です。
詳しくは、カトリック中央協議会をご覧ください。

叔母が逝去した知らせを受け、父と二人で新幹線に乗り、通夜・告別式・初七日(曹洞宗)と列席して参りました。気ままな旅とは違い疲れました。

TS3G0095.JPG

疲れで、帰宅後も陶房で仕事をする元気もなく体力・気力の挽回にと「休日」を決め込みのんびりした時間の流れに身を任せました。

そんな久しぶりの休養日の中で、私は叔母の葬儀を思い返したり、カインとアベルが今の時代にも生きていると考えたり、カトリックの秘蹟の尊さを思ったり、洗礼の恵みの大きさに気づいたり、永遠のいのちと天国は「今」この時から繋がっていると気づかされたり・・・とてもとても大きな恵みを体験したのでした。

多くをブログでは語りませんが、明日の「ペトロ岐部と187殉教者列福式」へ向けて本当に多くの皆さんが祈り続けてきたことが、私にも恵みとして繋がっているように思えてなりませんでした。

「父の洗礼」をなるべく早く神父様にお願いしてみようと思っています。

私が大井戸茶碗を「私の井戸茶碗」として発表できる日には、キリシタン大名の高山右近から銘をいただき「右近」と名づけようと考えていますが、

その高山右近から「神のことば」を宿された今回の列福式で列福される一人「ディエゴ加賀山隼人」という苦労人は、殉教を前にして妻と三人の娘に宿したことばが、列福の祈りに掲載されていました。

『尽きることのない人生の苦労は、歯をくいしばって耐えるだけがすべてではない。できれば、喜んで耐え、ささげたいものだ』

私は母の帰天以来、「死んだら何もない・・」という思いにとらわれ苦しんできました。信じているものが信じられないことは相当に辛いものがあります。足元を揺るがされるような、そんな感覚でした。

今、思い返してみると大きな誘惑だったとわかります。

「十字架ばかり・・。もうこれ以上はいらない」と神への冒涜すれすれの思いに幾度も襲われました。

おばの葬儀を通して、私に知らされたことが、これからも背負うべき十字架はあるでしょうが、まず洗礼の恵みの大きさと、天国の喜び、今この瞬間にも不完全ではあっても天国を味わっているんだ、という体験は、上記のディエゴ加賀山隼人のことばのように、「喜んで耐え、ささげて生きる」ように導いてくれるように思えて、嬉しくてたまりません。

行く道がどうであれ、私のクリスチャンネームでもある「Gratia」(恩寵・恵み)の中で、
十字架を背負って生きたいと心から思っています。

こんな気づきを与えてくださった神に感謝です。
そして、祈り続けてくださったみなさんに感謝です。

偶然、母校白百合のマ・スールからもお電話をいただき、
毎朝、私のために祈っていてくださったことを知りました。

信仰の暗闇の中で、光に導いてくださったのは、S先生、T先生そして皆さんの祈り、天国の母の祈り・・多くの祈りがあったことを目から鱗が落ちるように知りました。
(そういえば、2008/06/28〜2009/06/29は聖パウロ年!)

明日の列福式には、名もない一般の信者が多数、列福されます。
殉教の恵みを「今を生きる」私たちもきっといただける。
神のみ旨なら!
そう思います。

Deo Gratias!
Gratias vobis ago!

ペトロ岐部像petro-kibe.jpg
posted by 丸山 陶李 at 23:07 | TrackBack(0) | 夢は枯野を

2008年11月11日

"Gallery 陶李" X'mas Fair

開店より十年近く全国の皆様にご利用頂いております、
私のオンライン・ショップ"Gallery 陶李"がリニューアル、アドレス変更を致しました。
(陶李Mail-Magazine第48号を発行し、購読されている皆様にはお知らせ致しました。)

新しく「定番」作品も用意して、皆様のご愛用をお待ちしております(複数注文五個以上は割引価格となっております)。

X'masのプレゼント、またクリスマス茶会などにも
十字架をモチーフにした作品を集めて、紹介させて頂きました。

今年のクリスマス・プレゼントに暖かい陶器のぬくもりを届けてみませんか?

新作(定番)「唐草紋六角皿」
DSCF3348.JPG

posted by 丸山 陶李 at 20:13 | TrackBack(0) | Gallery 陶李

2008年11月08日

誕生日に「古井戸茶碗」発表!

「井戸茶碗一考察」を更新してから、私のホームページ凄いアクセス数です。
井戸茶碗に興味のあるマニアックな皆さん、いるものですね(驚!)

2008年10月8日(水)の窯出しに次いで
2008年11月4日(月)に窯出ししました。

納品する黄瀬戸・粉引の作品たちと共に、
10/8の窯出しの井戸茶碗のテストピースと同じ頃に轆轤で挽いて乾燥させておいた残りの井戸茶碗のテストピースを窯に入れておきました。

テストピースは、ぐい呑サイズと茶碗サイズの二種類の大きさです。

11月4日の二度目の窯焚きでは、
前回のテストピースより三点ほど変更し試してみようと考えていたことのうち以下の二点を実行しました。

1 焼成温度・カロリーを上げてみる
2 釉薬を、ほんの少し薄掛けにしてみる

(3 土の調整・・・これからです)

今日は私の誕生日です。
なんだか、大勢の方からメッセージやメールをいただいて恐縮しております。この場をお借りして・・・「ありがとうございます!」

11月4日の窯出ししたテストピースのうち茶碗サイズのもので二点、古井戸茶碗として発表できるものが生まれてきました!
誕生日に、発表させていただきます。

古井戸茶碗・2008年11月4日(火)窯出し

koido2.jpg

koido-two.jpg

koido1.jpg

11月4日窯出しの焼成で、上記の釉薬濃度・焼成温度の二点を試しましたが、
考えていたように、焼成温度をあげることと、前回より釉薬を少し薄めに掛けることで、更に良い結果が出てきました。

何が良い結果かというと、
釉薬濃度・焼成温度の変更により「小貫入」「梅華皮」「色」が、さらに良くなったのです。

こうして、ブログで今までの成果のひとつとして
古井戸茶碗を発表できることは、
何よりの誕生日プレゼントとなりました。


来年は、念願の大井戸茶碗が発表できますように・・・。

※古井戸茶碗(小井戸茶碗)
 古といっても他の井戸より古いという意ではない。
 元来は大井戸に対して小作りであるので小井戸と呼ばれたが、
 美称として古井戸が採用された。

 「老僧」「六地蔵」「忘水」「小塩」「上林」「小笠原」
 「江岑」「宇治」「金沢」「利休」「須弥」など


posted by 丸山 陶李 at 21:06 | TrackBack(1) | 井戸茶碗

2008年11月03日

窯焚き中にブログ

只今、窯焚き中です。
合間を縫って、「井戸茶碗一考察=茶溜り(2)」の考察を更新いたしました♪

10月31日(金)は、那須まで個展の搬出に行って参りました。
おかげさまで、予想以上の成果がありました。
ご来廊いただいた皆さん、ありがとうございました。

私が在廊していた翌日にいらしたので、お目にかかれなかったのですが、下野新聞の記者さんから、電話での取材が入り、10月28日付けの新聞にカラー写真入りで、個展の様子が掲載されていました。
取材してくださった記者さんの感想と紹介文の内容が、とても嬉しかったです。

(以下一部抜粋・・・下野新聞より)
「丸山さんならではの独自の世界が広がっている。」
「李朝時代の粉青沙器にひかれ、独学で作陶の道に入った異色の経歴を持つ。」
「粉青沙器で十字架をモチーフにした独特の作品で知られ・・・」


電話での取材時、さすが新聞記者!だと感心したのは、
私のホームページをくまなく読んでくださっていて、
私が説明するまでもなく、専門的なことまで、よくご存知だったことです。
取材していただき、ありがとうございました♪

11月1日(土)は、読売文化センターの日。電動轆轤・自由制作・初入会者へのカリキュラムと三つを同時進行するのは、さすがに大変ですが、アシスタント講師の方や、受講生にもフォローしていただき、アッという間に時間が過ぎました。
私は、電動轆轤を三人の受講生に、各々マンツーマンで指導したのですが、三人はキツカッタ・・・。二人目が終わる頃には、ヘトヘトでした(笑)。

11月2日(日)は、窯焚きの準備と窯詰め、火入れ、と続きました。釉薬を調合し、ボーメ度を調整し、東京のお店に納入する黄瀬戸・粉引の作品・井戸と窯詰めしました。
アクシデントが一つ。
突然訪問された方が、庭に釉掛けを終え、乾燥しておいた黄瀬戸の大皿一皿をつまみあげようとして、見事破損してくださいました!(号泣)。
「焼き上がっているものだと思って・・・」
と弁解していらっしゃいましたが、
焼き上がっていた作品だとしても、断りもなく、作品をつまみあげますか?
個展の時でさえ、皆さん、作品に手を触れて良いか躊躇するものです。茶陶ともなれば、茶碗など手に取る時には、指輪など貴金属をはずして拝見するのが当然のエチケットなのです。
ちょっと、いや、かなりムカッとしました。
納品予定の作品だっただけに、どうしようもなく・・・
私も途方に暮れました。
「また来ます・・・」と、おっしゃって
去っていった方には、申し訳ないのですが、
心の中では、
「もう来なくていいから」と思いました。
訪問の際には、こちらの都合を事前に電話で問い合わせるくらいのマナーが欲しいですね。
釉掛け・窯詰めの時は、窯焚きの次に、一番集中力がいる時なんです。もぉ〜〜〜っつ!(怒)。

11月3日(月)、そして火入れに続き、只今徹夜で窯焚き中です。今回の窯は、すべて生掛けです。
今日は、収穫したばかりの秋のお野菜を届けてくれるという嬉しい訪問もある予定。
ではでは、窯焚き・・・に戻ります。

DSCF2979.JPG
庭のビオラ寄せ植え




posted by 丸山 陶李 at 02:50 | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連