2008年10月28日

「井戸茶碗一考察」更新

ホームページ内の「井戸茶碗一考察」を更新(←クリック!)しました。

井戸茶碗のテストピース画像を紹介しています。

ブログにアクセスしてくださる方のために・・・
ぐい呑のテストピース画像をアップいたします♪
DSCF3173.jpg


posted by 丸山 陶李 at 23:22 | TrackBack(0) | 井戸茶碗

2008年10月27日

晴れのち雨

今日の天気は、私の味方!(笑)。

◆土曜日・・・石膏の買出し
◆日曜日・・・石膏型制作、まだ温かい内に彫刻・出来上がった石膏型で早速制作・土10kg使用
 ☆本当は、すぐに作ったばかりの石膏型は使わないほうが良いのだけれど、私の休日は、土日月しかないので、この掟は無視(笑)。
◆月曜日(今日!)・・・制作した作品に化粧を掛ける。
 ☆午前中は暑いくらいの晴天で、化粧がサッとひいてくれて、お日様にアリガト!
 ☆白化粧の乾燥具合を見ながら、陶房の清掃と模様替え。
  井戸茶碗の土を準備。
 ☆夕方、。陶房内の仕事のみになる。高台の削りと仕上げ。
 ☆化粧掛けした作品を乾燥棚に移動し、削りで散らかった陶房を再び清掃。

後は、ゆっくり乾燥させて生掛けで焼成♪
安心して、明日からまたバイトに行けます。

週のうち、三日間しか陶房に籠もれない今の私。
バイトは一日8時間労働。
本職の陶芸は一日12時間労働もざらにある。
(あちこち痛いですが・・・私には【テーピング】という強い味方もアル!)

自分の集中力に乾杯!
一日一食+コーヒーでもつ体力にも乾杯!(半涙)
楽しくなければ続けられないような過酷な陶芸労働。創作の楽しさに乾杯!(やけくそ・笑)
化粧土を掛けるタイミングの時だけ晴天!にも乾杯!


ね?
今日のお天気は私の味方でした!

DSCF3109.JPG
posted by 丸山 陶李 at 19:51 | TrackBack(0) | 制作過程・窯出し作品

2008年10月20日

石膏型打ち成形

個展会期中なのに、次回の窯焚きのため、急ピッチで制作しています。

井戸茶碗?

いいえ、違います。(笑)

大井戸茶碗は、よっぽど体力・気力ともに充実していなければ形にならないツワモノです。
機が熟すのを待ってロクロに向かいます。


不思議なもので、「よし!今日は井戸茶碗を挽ける」という日があるのです。

現在、開催中の個展には粉引の作品で、カフェオレボウルと楕円皿を出展していますが、個展の追い込みの時期から、石膏型による型打ち成形に凝っています。

もちろん、石膏型は自作です。
石膏も陶芸と同じく、タイミング勝負で、作り始めたら容赦なく次の段取りが待っています。

石膏型が温かいうちに、型に彫刻も入れていきます。
後始末をしなくちゃ!と陶房を見渡せば、リューターと石膏カンナで削った削りカスが雪のように山積している状態になり、自分の足もむやみに動かせません(涙)。
もちろん、愛犬も出入り禁止です。

昨晩は、髪の毛・頬・肩・腕・手指そして勿論、陶房も石膏祭りになりました(謎)。

石膏型による作品は、十一月から東京のあるお店からオファーがあり、手頃な食器を中心に制作しています。

茶陶と食器制作の両輪ですが、どちらも好きです。楽しく仕事が進んでいます。

パソコンに向かう時には、釉薬の調合をいろいろ考えています。
黄瀬戸・黒釉・白釉と頭のなかは、釉薬の調合を考えて忙しないようです(笑)。

お店に納入する予定の、石膏型で型打ち成形した黄瀬戸の作品と粉引の作品(乾燥中)

DSCF3060.JPG

DSCF3066.JPG

DSCF3064.JPG

キムチの空容器から作った石膏型
・・・・・・捨てる前に考えよう!再利用(笑)

DSCF3071.JPG

昨日のカルチャーセンター「癒やしの陶芸」には、新規入会者が二名。なんと、一人は小学生の女の子!

「この子、陶芸家になりたいって言うんです」

というお話を、お母様から聞いて、
「とうとう!」「ついに!」「女流陶芸家志望者が来た!」
というような感じでした(笑)。
私が陶芸家になりたい、と初めて陶芸家という存在を知ったのは中学生の時でした。
ホームページで私のプロフィールに目を通している受講生の一人から、
先生より(陶芸家を志したのが)早いじゃん!
とツッコミ(笑)。

初めて本格的に作陶するのに、次に必要な作業に必要な動作が、スムーズに且つ自然にでてくるので、受講生の皆さんも、驚いていました。楽しみです。

こどもの夢は、壊しちゃいけません。
「陶芸家は食べていけないから、やめたほうが良いよ」
とは、言いませんでした(笑)。

そして私は、明日からは、またバイト・・・。
次の土日の作陶を楽しみに、頑張ります♪


posted by 丸山 陶李 at 16:05 | TrackBack(0) | 制作過程・窯出し作品

2008年10月13日

井戸茶碗 梅華皮 初公開

先日の窯出しで、ようやく・・・
本当に念願叶って!
井戸茶碗のテストピース、すべてに梅華皮(カイラギ)が見られました。

次回の窯焚きでは、まだ三点ほどクリアしなければならない課題がありますが、いずれも容易に変えられる課題なので、轆轤成形でイメージング通りの「私の井戸茶碗」のフォルムを生み出すことが目標となりました。

私のホームページ内の「井戸茶碗一考察」に、日を改めて画像を含め記載して行きたいと考えていますが、

今日まで応援し、見守ってくださった多くの皆様に、このブログ上でカイラギの様子を初公開させていただきます。感謝!

こちらが、梅華皮のでた井戸茶碗のテストピースの一つです

DSCF2997.JPG


高台内の梅華皮
高台の周囲は、轆轤上で指でしぼっただけなので、削りは入れていない。梅花皮は削った部分、釉が厚く掛かった部分に顕著に現れる事がわかる。

DSCF2990s.jpg


韓国・頭洞里で発見された井戸茶碗陶片 高台部分【参考】

ido-tohen.JPG

posted by 丸山 陶李 at 19:13 | TrackBack(1) | 井戸茶碗

2008年10月11日

「筍心堂」行ってきました

10月10日(金)より開催の「筍心堂」個展に行って参りました。
那須高原は、紅葉の見頃シーズンとなり、高原へ向かう車は渋滞していたそうですが、早朝4時に取手の陶房を出発し、7時に会場に到着。搬入・展示をすませて無事、個展初日を迎えました。

筍心堂のエントランス
DSCF2886s.jpg

DSCF2935s.jpg

展示の様子
DSCF2896s.jpg

DSCF2911s.jpg

ずっと応援してくださっている福島県の佐々木様より、お花とメッセージが届いていました♪
会場、センターの展示台にお花を飾らせていただきました。
ありがとうございます★

DSCF2932s.jpg

会場入り口で
DSCF2942s.jpg

筍心堂の前、美原公園の鴨
DSCF2962s.jpg

画廊のオーナーさんが経営されている茶房も敷地内にあり、
初日にご来廊いただいた会津本郷焼の田崎宏様(白磁の陶芸家)と美味しいお食事をご一緒しました。
一年ぶりに再会した田崎さんと陶芸の話が弾み、楽しいひとときを過ごさせていただきました。コーヒーも美味しいですよ〜♪

会期中の土日に、また伺えたら、と思っています。

posted by 丸山 陶李 at 18:51 | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2008年10月08日

井戸茶碗発表間近★窯出し作品

本当に苦節十数年でした。
個展前の窯焚きに、井戸茶碗のテストピースを入れました。
テストの繰り返しで、ようやく井戸茶碗の釉薬の調合に成功しました!!

試行錯誤の結果、「長石」の成分が「要」だと辿り着きました。
李朝時代に使われていた釉薬の成分を、現在、私が入手可能な原材料で、なおかつ調合比をどうするか?という課題がクリアできました。

十日からの「筍心堂」個展で、二点を展示させて頂くかもしれません。(まだ課題が三点あるので、発表ではありません。)

「私の井戸茶碗・・大井戸『右近』『ガラシャ』」が、発表できる日も、そう遠くはないでしょう。

窯出しした井戸茶碗のテストピースを見た時、すべてに梅花皮がでていて、「やった!やった!」と一人感動しておりました。

小さい画像にして(意地悪??笑)
今日、窯出しした井戸茶碗のテストピースを一点紹介します。
DSCF2883.jpg

「筍心堂」個展に展示する窯出し作品を数点紹介します。
今日、窯出しした作品です。

DSCF2719.jpg DSCF2749.jpg

DSCF2781.jpg DSCF2720.jpg

十日の早朝に、愛車に作品を積載し搬入に出発します。
十日(初日)と十一日(土)は、在廊しております。
皆さんの、ご来廊を楽しみにしています。
(秋の那須高原に是非いらしてください♪)

こちらが筍心堂の全景です。
蔵のような素敵な画廊!
美味しいお食事もいただけます♪
syunsindo-zenkei.jpg





posted by 丸山 陶李 at 21:03 | TrackBack(0) | 井戸茶碗