2007年06月20日

過去最高の初日

お天気にも恵まれ、
ひっきりなしに多くの皆様に、ご来廊いただき、
また個展会場であるエインカレムのおかげで、
新たな出会いがたくさんありました。
ご注文もいただきましたし、赤丸がたくさんついてしまいました。
今年バージョンの粉引カップは初日に完売となりました。

DSCF1118s.jpg

また開廊と同時に、かけつけてくださった皆さん。
カルチャーセンターの生徒さんには、展示のお手伝いもしていただき、大助かり。
半日、お手伝いしてくださったマイミクさん、
仙台から予定を変更していらしてくださり、半日在廊してくださった母校のマスール。
そして久しぶりの再会だった学友たち。
初個展以来、足を運んでくれた父。
初日じゃないと欲しいものが無くなってしまうと、ご夫婦で駆けつけてくださった陶李会副会長の画家・百瀬様。
アルバイト先で、ご一緒しているお友達。

もう、書ききれないほど充実した嬉しい初日でした。
皆さん、本当にありがとうございました。

あと六日間、頑張りますので、皆さん是非いらしてくださいね♪
DSCF1148.JPG DSCF1164.JPG
posted by 丸山 陶李 at 22:29 | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2007年06月19日

お待ちしています♪

DSCF0013sn.gif
map1.gif
・会期 6月20日(水)〜26日(火)
・場所 東京・銀座教文館エインカレム
・時間 10:00a.m.-20:00p.m.
   (最終日は17:00p.m.迄
    日曜日は13:00p.m.〜20:00p.m.迄)
・ギャラリートーク 23日(土)、24日(日)両日共pm4時から 

銀座線A9出口
日比谷線A9出口
丸の内線C8出口
有楽町線8番出口
※入口は松屋通り沿い、銀座で一番古い回転ドアからどうぞ。奥のエレベーターで4階です。


いよいよ明日から「丸山陶李個展2007」です。
今日は、一人で搬入してきました。
朝10時に陶房を出発、夜8:30に帰宅しました。
足が、すでに棒のようになりました(涙)。
お隣りのアップルの駐車場に車をいれたのですが、
銀座の駐車場6時間で3,300円というのは安く感じるのが不思議(笑)。

6時間かけて、ひとりで展示し終えましたが、
エインカレムの店長さんや皆さんのおかげで、とても良いスペースとなりました。

展示の準備中にもエインカレムにお買い物にいらした方々が
「素敵!」
と言って覗いてくださいました。
他の方から
「あなたが作家さんなのですか?
 女性らしい優しい雰囲気のものも良いけれど、男性的な作品もあるんですね〜!」
「あ、はい。私、実は多重人格なんです・笑」

私を知らない方にも作品を見ていただける場となるので、
嬉しく思います。

さて、明日は個展初日。
一週間、皆様のご来廊を心待ちにしております。
個展会場でお目にかかれるのを楽しみにしています♪



posted by 丸山 陶李 at 20:48 | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2007年06月17日

一段落

ようやくタイトルカードの印刷が終わりました。
明日一日、空きましたぁ!
一日余裕ができて嬉しいです♪

今日はギャラリーの壁面を飾る
こんな写真と言葉も用意しました。

1DSCF1039.jpg
posted by 丸山 陶李 at 22:33 | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2007年06月16日

応用できる技法

カルチャーセンターの新受講生が初めて制作した「ぐい呑」。
釉薬のテストピースとして各自保管しておくといいかな?と考え、
五種類の釉薬を掛けて焼成しておきました。
(画像の一番手前の板)

DSCF1136.JPG

そのうちの三点、何を掛けて焼成しようかと悩んだのですが
こんな色になる、ある自家製釉薬を掛けてみました。
全面が緋色になりました。

これは応用できそうです♪

DSCF1138.JPG DSCF1137.JPG
posted by 丸山 陶李 at 10:57 | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2007年06月15日

陶李Mail-Magazine vol.45

■陶李Mail-Magazine vol.45■を発行しましたので
皆様にも、お知らせいたします♪

map1.gif

銀座線A9出口

日比谷線A9出口

丸の内線C8出口

有楽町線8番出口

※入口は松屋通り沿い、銀座で一番古い回転ドアからどうぞ。奥のエレベーターで4階です。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

陶李Mail-Magazineは、年数回不定期に発行しております。

★このMail-Magazineは、いつでも解除する事が出来ます。
★解除はホームページ(トップページ)「陶李メールマガジン」
 登録・解除からどうぞ。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

こんにちは♪丸山陶李です。

梅雨入りも間近で、湿度の高い毎日となりましたが
皆さまお変わりございませんでしょうか?
陶李Mail-Magazine第45号をお届けいたします。

★丸山陶李個展2007のご案内★

・会期 6月20日(水)〜26日(火)
・場所 東京・銀座教文館エインカレム
・時間 10:00a.m.-20:00p.m.
   (最終日は17:00p.m.迄
    日曜日は13:00p.m.〜20:00p.m.迄)
・ギャラリートーク 23日(土)、24日(日)両日共pm4時から 

今年の個展は「母性」をテーマに作品を制作しました。

「母性」

   今も、これからも
   表現していきたいもの

   それは

   たくましさでもなく
   力強さでもなく

   すべてを包み
   すべてを赦す

   そんな母性です

   戦いや攻撃ではなく
   批判や挑戦でもなく

   すべてを包み
   すべてを赦し

   涙の中でも静かに微笑み続ける
   凛とした姿の
   大地のような母性です

また、鼠志野の作品や、新作の三島手の作品、聖書のテーマをとりいれた白花シリーズなど新作の数々です。
洋風の食器も、たくさん用意いたしました。
皆様のご高覧をお待ちしています。

なお今年の個展では新しい試みとして、23日(土)と24日(日)の二日間、
ギャラリートークを開催いたします。
作品について、制作についてお話させていただきます。
皆様からの質問にもお答えしたいと思いますので、是非いらしてくださいね♪

会場の教文館には、母校・恵泉女学園の銀座センターも6階にあります。
http://www.kyobunkwan.co.jp/EinKarem/eventtouri.htm
↑こちらに案内がございます。

JR有楽町駅、地下鉄丸の内線から銀座松屋・三越に向かうか、
地下鉄銀座線・日比谷線ですとA9出口をでると目の前です。
地の利の良いところですので、お誘い合わせの上お越しください。ご来廊をお待ちしております。

梅雨時の鬱陶しいひと時を、爽やかな空間と作品でお迎えしたいと思っております♪


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

では陶李Mail-Magazine vol.45は、この辺で。
皆様、お健やかでありますようにと祈りつつ…


┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏     丸 山 陶 李 
┏┏  E-mail potter@touri.jp
┏   URL http://touri.jp
posted by 丸山 陶李 at 21:49 | TrackBack(0) | Gallery 陶李

2007年06月14日

終わらない…

梱包が終わらない。
コンテナ12個分の梱包を終えましたが
まだ、抹茶茶碗と水指、
大皿と大壷、
ぐい呑が残っています。

私のワゴン車に搭載できるのはコンテナ12個。
すでに積載不能となっています(涙)。
宅急便のお世話になりそうです。

DSCF1133s.jpg

ギャラリーにも、もう一度会場のレイアウト打合せに伺いたいし、
知人や友人には電話で声をかけておきたいし、
土曜日はカルチャーセンターだし、
やっぱり美容院にも行っておきたいし(笑)、
時間足りません…。
マジ、頭痛いです。
posted by 丸山 陶李 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2007年06月10日

箔置き

DSCF1128s.jpg

窯出し終えて、
高台に付着した目をリューターで取り除き
作品の高台に砥石をかけ
水漏れチェックをしながら、
陶漆の作品に、漆を塗って、金箔を置きました
これから乾燥したら更に、透明な漆を塗り重ねる作業があります。

そして一点毎に写真を撮影して
ファイルに保存。

タイトルカードの作成、
リスト作り、
梱包。
まだまだ作業は続きます。

作業の合間に庭の青梅と枇杷を採り、
個展のお茶受けに、皆さんにお出ししようと
青梅を割って、赤紫蘇と蜂蜜、氷砂糖で甘酢漬けに。
枇杷は枇杷酒に(個展には間に合いませんが・笑)、仕込みを済ませました。
posted by 丸山 陶李 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2007年06月09日

最後の窯焚き

個展の会期まで、一週間。
もう今年は、かなりギリギリですが
個展作品の最後の窯焚き中です。

ただいま970℃
攻め焚きに入ったところ。

かすかに見える形は井戸茶碗。
発表できるかどうかは、分かりません・・・。

釉薬の調合・釉掛け・窯詰めと重労働が続き、くたびれました(涙)。
窯焚きになって、ホッとしています。

炎を見ているのは楽しいけれど、
問題は睡魔との闘い。
仮眠とっても決して気を抜かないこと!
と、自分を鼓舞しながら。

DSCF1075.JPG
posted by 丸山 陶李 at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2007年06月07日

たかが湯呑されど湯呑

一番良い湯呑を父の日のプレゼントにしようかな。。。

たかが湯呑
されど湯呑

私の仕事の凝縮かもしれない

「ここまで来ました」
「ありがとう」

どんな私であれ
ここまで愛してくれたことで
私が育ってきたことには
間違いない

たかが湯呑
されど湯呑

父へ
あなたへ
「ありがとう!」
と気持ちを伝えて

「これからも見守って!」
と感謝をこめて

毎日
その手の中で
使われる湯呑を

DSCF1005s.jpg
posted by 丸山 陶李 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作過程・窯出し作品

2007年06月06日

ポスター

DSCF0013sn.gif

A3版のポスターを用意しなくちゃなりません。
幸い、カルチャーの生徒さんが印刷会社に勤務しているので
印刷をお願いすることになりました。
posted by 丸山 陶李 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連