2007年04月08日

パイプオルガンとご復活

今日は、キリスト教のイースター(ご復活祭)。
キリスト教では最大のお祝いの日です。
そして、仏教のお釈迦様のお誕生日を祝う花の日が重なりました。

アレルヤ!!
ご復活おめでとうございます!!

昨日の事故で、衝撃があった時、右腕でハンドルを支えたのか?
どうも頭痛と右首、右背骨が痛く、しっかりと静養の日になりました。

ご心配いただいた、皆さん、本当にありがとうございます。
ひとりだったら、落ち込むところでしたが、こうして皆さんのコメントを読ませていただきながら、そして同じような体験をシェアしながら、落ち込まずにすみました。

さて、そんな一日でしたから、教会の復活祭にも行けなかったのですが、
夕方、札幌の親友から嬉しいメールが入りました。

札幌で私が所属していた北一条教会(カテドラル)に、フランス製のパイプオルガンが入るのですが、親友のオルガニストが、ドイツ・フランスと旅行して、制作中のパイプオルガンの写真を撮影してきたのです。

フランスのケルン社のパイプオルガンで、
札幌のキタラ・コンサートホールと同じケルンさんの制作です。

パイプオルガンのお披露目のミサとコンサートには、
私も札幌に伺う予定なのですが、
日程が決まったというので、いち早く親友が知らせてくれました。

親友の家に泊めてもらい、聖歌隊で参加させていただく予定です。
曲目が決まったら、楽譜も送ってもらいます。

皆で、募金をしながら実現した長年の夢でもあるパイプオルガンの設置です。
ご復活の日に、パイプオルガンの写真とメールを送ってくれた親友のおかげで、元気がでてきました。

いち早く、ブログを読んでいただいている皆さんにも、
パイプオルガンの写真を了承を得て、公開させていただきますね♪

organ-church.jpg

追加ですが、
学生時代から応援してきた石原慎太郎さんが都知事に三選されました。
四年前も、北海道から東京に上京し、
池袋で応援したことが思い出されます。
おめでとうございます♪

慎太郎さん!頑張れ!
posted by 丸山 陶李 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を

2007年04月07日

事故…

カルチャーセンターの新年度初日。
受講生の素焼き作品や、成形道具、粘土、釉薬などを積んで
いつものように、早めに陶房を出発。

国道に出る寸前の側道で、車を縁石にぶつけ乗り上げてしまう単独事故。
ガンゴーン!という音と衝撃で、ハッと我に返った。
運転席側の前後のタイヤ二本がバースト!
運転歴も長いし、ずっとゴールド免許なのに、
自分の車がバーストしたのは初めての経験でした。

今日、初日の新受講生が四人、継続の受講生に加えて待っているので、
なんとしても、行かなくてはならない。
と、まず頭を過ぎったのは、カルチャーセンターの受講生たちのこと。


継続の受講生なら、制作の続きをしていてもらえば良いけれど、
初めてお目にかかる新受講生は、そうもいかない。
制作するための粘土もないからだ。

車を端に寄せて、ディーラーに電話。
「とにかく代車を用意して、来てください」
とお願いし、すぐにカルチャーセンターにも少々遅れることを連絡。

代車で駆けつけてくれたディーラーの方が「お体は大丈夫ですか?」
と、まず声を掛けてくださったのを聞いて、
「そうか体は無事だったんだ」
と、初めて気がついた(笑)。
「車のプロの言葉とはいえ、流石だなぁ」と妙なところに感心。

「講座が終わり次第、電話をいれますから、車のレッカー移動手配と修理をお願いします」と伝え、
荷物を代車に積み替え、カルチャーセンターに向かう。

10分遅刻で、講座開始。
なんとか、講座を終えた途端、
どっと疲れを感じた。

なんだか、自分に警告が発せられたように思える、今日の事故でした。
posted by 丸山 陶李 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を

素焼き終了

もう今日になってしまったけれど、
カルチャーセンター新年度の四月開講日です。

新しい受講生も四名増えて、
どんな顔ぶれになるのか楽しみです。

半年間、受講してくださった皆さんの作品を
昨日から素焼きして、ただいま火を止めました。

新しく受講する皆さんには、また「付け高台」の「ぐい呑」から制作していただきます。
そして昨年度からの受講生は、今日から「釉がけ」を体験します。

三合灰(長石7割・天然土灰3割)の透明釉も調合しました。
明日は、「織部」「黒織部」「黄唐津」「唐津(乳濁)」「三合灰(透明)」
の五種類の釉薬を用意できたので、
それぞれ釉薬を初めて受講生自身で掛けることになります。

素焼きも終了したし、
釉薬も調合したし、
粘土も用意できたし、
新受講生の成形道具も用意したし。

準備万端のはずですが・・・。
どこか抜けてる自分が怖い(笑)。
大丈夫かな?

そうそう、
素焼きを終えた作品を、窯から出して、
ホッカホッカで持っていくのを忘れないように(笑)。
posted by 丸山 陶李 at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2007年04月05日

笑顔を残そう!

実は、「埴輪」は初挑戦なのです(笑)。

夏休み親子陶芸教室〜笑顔を残そう!〜

カルチャーセンターの新聞折込チラシ用に埴輪を制作し、
先ほど、画像を撮影。
画像送付の締め切り期日までには、まだ余裕でしたが、
これは焼成していない埴輪です(笑)。

「笑顔を残そう!」のイメージに合っていますか?
皆さんの、ご感想を伺わせていただければ、嬉しいです♪

DSCF0436ss.jpg
posted by 丸山 陶李 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2007年04月03日

埴輪制作中

昨日、ブログで紹介した「夏休み親子陶芸教室〜笑顔を残そう!〜」の打ち合わせをカルチャーセンター担当者と。

新聞折込チラシに掲載する「埴輪」の写真が無いので、
結局、私が埴輪を制作し写真撮影してカルチャーセンターに送るハメになりました(笑)。
しかも、締め切りが4月10日!(汗)。

個展の制作の合間に、一仕事増えてしまいましたが、
「笑顔の埴輪」を楽しんで作っています。

なお、親子の他、ペアなら割引で受講できますし、
子供の年齢制限はないので、高校生以上の方でも参加OK!です。
また、大人一人、こども一人の参加も受付ますので、
詳細が決まりましたら、お知らせいたします。

洗礼と堅信の神父様から電話。
司祭叙階50周年記念のカリスを差し上げたのですが、
そのカリスに合わせて、金のパテナを制作して欲しいとの事。
こちらは、叙階記念日の9月まで。
嬉しい悲鳴です。

頑張れ自分!

posted by 丸山 陶李 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2007年04月02日

夏休み親子で陶芸を楽しみませんか?

読売日本テレビ柏カルチャーセンターの特別企画が決まりました。
夏休みの一日を、親子で陶芸を楽しんでみませんか?

夏休みの自由研究・親子の楽しい思い出作りに♪

日程は、7月29日(日)午前10時〜12時。
参加費は、現在センターで検討中です。
親子ペアで参加する場合は、一人で参加するよりも割引があるそうです。

空き缶を利用して、埴輪や土偶など、太古のロマンに挑戦の予定です。
「笑顔の埴輪」
「笑顔の土偶」

夏休みの親子の楽しい思い出に「笑顔」を残せたらと考えました♪

笑顔の埴輪や土偶が、たくさん並ぶのを楽しみにしています。

2834899869.jpeg

posted by 丸山 陶李 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2007年04月01日

皆さん、ごめんなさい

いつも、私のブログにコメントありがとうございます。
拝見して、励まされて制作に打ち込んでいます。
お返事できないでいたら、たまってしまいました(汗)。
これから、すべてにお返事するのが気が重くて‥本当にごめんなさい。

今日から四月ですね。
半袖のTシャツ一枚でも、菊練りしていると汗だくです。

個展まで、あと二ヶ月。
DMの制作も依頼しなくてはならなくなりました。
もうお尻に火がついた(?)状態です。

先日、陶李会支部長・富山の松嶋さんと電話でお話した時、
「いつものことじゃないか。アハハ!」
と、笑っていただきました。

そう。
ずっと私の制作を見守ってきてくださった皆さんには
毎度お馴染みの「追い込み」なのですね(笑)。

「いつものことじゃないか。」
の言葉に、なぜか気が楽になりました。

「今年もきっと大丈夫!」
そう信じて、頑張ります!!


ブログのレスが滞り、本当に申し訳ないのですが、
皆さんのコメントは制作の励みになっていますので、
どうぞ許してくださいね。

今日は、板皿(横60センチ×縦45センチ)に象嵌を入れました。
化粧土の乾燥を待って、もう一度、化粧土を塗り、
その後、削り落としの作業。
月と桜の花の中心にオシベ・メシベを別の色で入れます。

DSCF0428.JPG
posted by 丸山 陶李 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を