2007年01月30日

ターメリック

今やTVなどのCMで「ウコン」(ターメリック)が健康促進に効果があると、様々な商品が販売されていますが、私は、効果より作るのが好きな人間なので、今年は、ターメリック作りに挑戦し、今日、保存を終えました。

こんなショウガのような根の部分を、スライスし天日で乾燥させ、
ジューサー・ミキサーで細かく粉砕すると、黄色い粉となって料理にも使えます。この根をいただいて庭に植えてありますが、同じ方からたくさんの堀りあげた根をいただいていたので、パウダーにして料理に使おうと時間を見ては、イモ洗いならぬ、ウコン洗いにも励んでいました(笑)。

ukon.jpg

カレーライスや、パエリア(普通はターメリックではなく、サフランで黄色に色付けします)には欠かせないターメリックですが、肝臓にとても良いということです。

また、陶芸との関わりでは、「ウコン布」に茶碗を包み、桐箱に入れて保存されてきましたが、虫除けにも、この強烈な黄色の物体は効果があるからでしょう。

インドなどの僧侶が、このターメリック一色で染めた布をまいているのを、TVなどでも見たことがある方も多いと思います。

土を荒い落とし、根や皮を取り除き、ひたすらスライスしたものを、
今日のように天気の良い日に、竹ざるに広げて天日で乾燥させました。
乾燥には、何週間もかかりました。

今日は仕上げで、パウダー状にして、容器に保存しました。
ちょっと苦味があるので、好みに合わない方もいるでしょうけれど、このパウダーをオプラートで包んで、呑めばお薬かわりにもなります♪

こちらが、今日パウダー状にしたターメリックです。
DSCF0367.JPG

料理に使うのは、もちろんですが、こんな手作りの過程が好きな私でした。
posted by 丸山 陶李 at 21:48| Comment(0) | 夢は枯野を

2007年01月29日

レインボウ・ギャザリング in Thai

レインボウ・ギャザリングについては、「アネモネ」という雑誌から引用させてもらいますが、以下のようなものです。

=======================================================================
1971年以来、アメリカで毎年開かれているという“虹の家族”たちの集い、レインボウギャザリング。

“虹の家族”というのは、ネイティブアメリカンの「母なる地球が破壊の危機にさらされた時、虹の色をした多くの民族からなる“虹の家族”が、地球に再び緑を取り戻すために集う」という予言にある言葉です。

94年の会場はアパッチ族の聖地の隣にあるアパッチ・シットグリーブ国立公園。アリゾナ州、フェニックスの北東、車で約3時間の距離にありました。開催の2〜3週間前になるとボランティアのグループによって中心地がつくられ、そこを取り囲むように続々とテントやティピが張られ、会場が広がっていきます。

子供を中心とした食事や遊び場が用意された村、フラワーエッセンスやアロマのマッサージなど各種のヒーリング・ツールが用意された村、ネイティブアメリカンの儀式をする村、物々交換の村など、各テント村にはそれぞれ多様で豊かな個性がありました。

全体を運営する会議は誰でも参加できますが、その会場では意見を発表する人に“聖なる羽”が渡されます。これにより話をさえぎられることなく全員が意見を発表し、それを傾聴した上で、沈黙の時間をもち、それから意思決定をするシステムになっているのです。

洗剤やモーター式の発電機は使用しない。汚れた水や汁などは川には流さず、川や水源から80メートル以上離れた場所に穴を掘って捨てるなど、会場では自然環境を守るためのガイドラインも細かく設けられていました。

ここはすべての人が兄弟姉妹として生活をともにする会場ですから、食材も帽子の中に集められる寄付によって賄われ、キッチンのある村で、まず子供が優先的に食事を受け取ります。その後に大人たちがそれぞれ大きな二重の円陣をつくり、今日の出来事をシェアし合いながら、食事をともにするのです。

一晩中、ドラムの音やチャンティング(祈り)の声が響き、朝は鳥のさえずりで目覚める・・・。都会では味わえない、こんな数日間をともに過ごした人々が「すべての存在が虹の家族であり、ひとつなんだ」という実感と勇気を、それぞれの暮らしの場に持ち帰ることができる・・・。レインボウギャザリングは、そんなスピリチャルなイベントでした。(アネモネ98年10月号より)
=======================================================================

この集いが昨年12月から今年1月中旬までタイ南部のラノーンという場所で開催され、私のジャンベのカリスマ師匠が参加したのです♪

12月の「つくばフリマ」でディジェリドゥを吹いていた、こーすけさんが、カンボジアの地雷撤去のためイベントを作秋開催したのですが、集まったお金を自らの足でカンボジアまで運び、その足で、タイのラノーンに向かい、カリスマ師匠(SADA)と再会し、一足早く帰国し、ビデオや画像を撮影してきたものをくださいました。

再会した日にストリート・パフォーマンスをしているSADAカリスマ師匠の様子をアップしました。ジャンベの響きやリズムを聞いてみてくださいね♪

私も、ビデオを見ながら、SADAカリスマ師匠のジャンベに合わせて、パソコンの前でジャンベを叩いて気分だけ、「レインボウ・ギャザリング」です(笑)。


ビデオはここをクリックしてね♪

こちらは、こーすけさんからいただいた写真♪

CIMG4184.JPG

CIMG4191.JPG

「すべての存在が虹の家族であり、ひとつなんだ」という実感と勇気を、それぞれの暮らしの場に持ち帰ることができる・・・。」
このタイのレインボウ・ギャザリングでも「虹」がでたそうです。
「虹」の思い出とともに、世界各地に皆帰って行ったころでしょう。
シェアしながら生きる・・・生きられたら・・・と、しみじみ感じている現在の私です。いつか、私もレインボウ・ギャザリングに参加してみたいと願いつつ・・・。
posted by 丸山 陶李 at 20:55| Comment(0) | 夢は枯野を

2007年01月24日

まだ5分…

「粉引」(こひき)の大皿三枚、ようやく高台の削りを今朝終わりました。
大きなものほど、じっくり時間をかけて乾燥していくのは常識ともなっていますが、
それだけではなく、「粉引」の場合は「縁や上部」を乾燥させすぎないように、非常に気を配ります。乾燥しすぎると、白化粧土を掛けた時に「ピッ!」と亀裂が入ってしまい、また「うまく白化粧土が掛かったかな」と、ホッとしていると、化粧土全体が乾燥してきたときに、「ほろり」と剥がれてしまうからです。

作家それぞれに、化粧土の調合を土に合わせて工夫しているのは、「粉引」のこのような、難しさにもあるでしょう。とにかく「胎土(たいど)」に「化粧土」が「食い付いて」くれなければならない、ということです。

さて、様子を見計らって、さきほど大皿三枚に白化粧土を掛け終わりました。
この大皿の形は、縁が広がっていないので、形状を維持してくれるだろう、と予測しているのですが、相手は「粉引」、結果がでるまでは安心できません(笑)。

白化粧土を掛けて5分の画像と、先日の轆轤成形した画像を並べてみました。
「赤土を白い焼き物にしたい」という李朝の陶工たちの「知恵と工夫・白磁への憧憬」…粉引。
さて、明日は、どうなっているでしょうか。。。

kohikiDSCF0343.JPG

DSCF0359.JPGDSCF0360.JPGDSCF0361.JPG
posted by 丸山 陶李 at 23:59| Comment(0) | 夢は枯野を

2007年01月20日

最初は笑ってみていました

http://www.asahi.com/life/update/0120/013.html
 ↑
こちら、朝日新聞に掲載されたテレビ番組内に捏造があったという記事です。
そう、「納豆が店頭から無くなる」という現象を起こした、その番組です。


何かに効果があるとなると、店頭からその品物がアッと言う間になくなる現象は、今回の「納豆」に始まったことではありません。

マスコミ報道に踊らされた消費者たちの行く末は「買い占め」となることが
幾度も繰り返されています。

一人暮らしの父は、毎朝必ず「納豆」を朝食の一品に入れています。
車の運転もやめ、ひとりで、スーパーに買い物に行くのですが、
必ず「納豆」を忘れないように、と独り言のように言っていたことが
おもいだされます。

「納豆にダイエット効果がある」と報道されれば、オイルショックのトイレットペーパーや、米不足の米買い占めの時のように、大勢の人々が、「納豆」買い占めに走ったのでしょう。

私も、納豆は好きですから、最初は「納豆ダイエット」のニュースを笑ってみていました。「これで、また納豆が品切れになるんだろうな」と。

しかし、今日の冒頭のニュースを読んでいただくとわかるように、
この番組には、いくつもの「捏造」が含まれていたのです。
「捏造」までして報道し、店頭から「納豆が消え去って久しい毎日」の様子を
制作者たちは、視聴率の高さと効果に高笑いしていたのでしょうか?
腹が立ちます。

父のように、足腰も弱くなった老人が、毎朝の食卓にと、わざわざ納豆を買いに歩いて行っても、店頭には品切れの日が続出していたのです。


「うばい合えば 足りぬ。
 分け合えば あまる。
 うばい合えば 憎しみ。
 分け合えば 安らぎ。」


と、私の部屋に掛けてある「相田みつを」の言葉を
じっと見つめているうちに、人間の「さもしさ」に涙が滲んできました。
「バカヤロウ!」の反動の涙です。

私は、トイレットペーパーの買い占めもせず、米の買い占めもせずタイ米を食べていました。今回も納豆は好きですが、買い占めはしませんでした。

番組制作者に「バカヤロウ!」
載せられて買い占めに走る消費者に「バカヤロウ!」
自分のことしか考えられない人間の本性に(私も含めて)「大バカヤロウ!」

と怒鳴ってみたくなりました。

78475ed26197f48a.jpg
posted by 丸山 陶李 at 22:22| Comment(0) | 夢は枯野を

2007年01月19日

迷うことも

いつも制作している時には、ほとんど迷いがない。
だから、轆轤に向かったら、頭の中は真っ白で、
ひたすらイメージに向かって制作していく、
というのが、私のパターン。


今日は、ちょっと迷った。
三枚の大皿を挽いて、並べて見ていたら、
もともと「粉引」の大皿にするつもりだったけれど、
「焼き締め」でもいいなぁ。。。と、少々迷い。

結論、今日の三枚は「粉引」に決定。
そして、明日以降に再度、この形の大皿を三枚挽く。
それを「焼き締め」にする。

三枚を「粉引」と「焼き締め」にすれば、両方できる、
と、考えた方もいるでしょう?

個展用だから、枚数を多くしておきたいから
最低三枚作ろうと考えています♪

「粉引」の皿は個展に出すと、すぐ無くなる。
「粉引」が好き!という方は、特に女性に多いです。
だから、いつも陶房にはストックがない。
嬉しいことです♪

「粉引」が好き!という方が多いのは、
「粉引」の良さを知っている人、感じてくれる人ともに、
私も含めて、
真っ白なのに、温かみがあって、磁器の白さとは違う、
独特の風合い、そして焼成ででてくる、その時ならではの景色でしょう。


良い「粉引」の大皿になるように、化粧掛け(もちろん生掛け)を
慎重にタイミングを見計らって行おうと思っています♪

★今日、HPトップページの『フラッシュ画像』を入れ替えました♪
 お時間ある方は、是非見てくださいね(はぁと)

DSCF0343.JPG

posted by 丸山 陶李 at 18:14| Comment(0) | 夢は枯野を

2007年01月17日

再び再生土

再び再生土って、へんなタイトルになっちゃいましたね(笑)

おとといと同じく、約30kgのくず土を再生しました。
今日は、画像を添付。
最初、くず土を「吸い鉢」にいれて水分を取るのですが、
そのくず土の形状は、あまりに美しくないので、撮影はパスしました(爆)

DSCF0339.JPG
 ↓↓
手前のアーチ状の土は、まだ水分が若干多いので、
こんな形(アーチ)にして、すこし水分を飛ばします。
(まだやわい)

DSCF0340.JPG
  ↓↓
このように、菊練りが終われば、立派な再生土として、いつでも使えます。
一玉が約3kgでまとめてあります。

DSCF0341.JPG
  ↓↓
今日、練りあがった再生土は、こうしてビニール袋に入れて保管します。
油性マジックで、何の土を再生したのかわかるように、イニシャルを入れておきます。今日のイニシャルは「B」です♪

残りのアーチ状にして水分を飛ばしているものを再生し終わったら
作品の制作にとりかかります(やるき満々!)
(6月の個展、間に合うように少しずつ準備しないと、いつも、土壇場で、「ああ、あと一週間先に個展があれば・・・などと悔やむのが常道・(爆))

posted by 丸山 陶李 at 14:24| Comment(0) | 陶芸・個展関連

2007年01月16日

こんな恐ろしいことが・・・

みんな私を見て「痩せすぎよ」とか「もっと太りなさいよ」とか
サラリとキツイお言葉を吐いてくださるのですが(笑)

最近、「中性脂肪」とか「体脂肪率」が気になりだした。

先日、「体脂肪計」を購入し、毎日、毎食後など、かなり神経質(爆)に計測結果を取って、メモしている。

やばいんですよ!!!!!

20代からプロポーションが変わらず維持できていたことが、
小さな自慢だったのに(なんせ、洋服のサイズが変わらないので衣装持ちになります・笑)見かけに変化がなくても、体の内部では恐ろしいことがおこっていたのです。

bmi.gif
bmi_zu1.gif

bmi_zu2.gif
(ナショナルHPより画像を拝借しました)

私の場合、BMIは「やせ」なのに
体脂肪率は「やや高い」つまり軽肥満だったのです!!


==============================================================
BMI値は低いのに体脂肪率が高い「隠れ肥満」。

主な原因は運動不足と食事の偏りです。

●努力目標:BMI値を上げながら、体脂肪率を下げる。
ゾーン5:隠れ肥満

本人の自覚の少ない「隠れ肥満」タイプ。これ以上脂肪をつけないよう日常的な運動を心掛けましょう。

==============================================================

もう今日から、この悪夢のような状態から脱出するために、
体脂肪率を下げる努力をはじめさせていただきます(泣)

好きな甘いもの・お砂糖やめます。
納豆(エヘっ!これ好き)を中心とした食事に切り替えます。
仕事の合間に脂肪を筋肉に変化させるように、トレーニングします。

「かくれ肥満」にしろ「肥満」にしろ、こういう病気になる可能性を上昇させることになるので、要注意ですもの。

02.gif

まだまだ、体脂肪計の測定結果を見るたびに、
「こんな恐ろしいことが・・・」と愕然としている私です(涙)
人は見かけによらないもの(今日の教訓)
posted by 丸山 陶李 at 23:08| Comment(0) | 夢は枯野を

2007年01月15日

切ります★

土に触れたくなってきた。
このモードに突入するのを、待っていました♪

さて、今日は、再生した土30kgを練りました。
暖房いらないわ。
汗びっしょり!
たまりにたまった「くず土」の再生は、
仕事のウォーミングアップにちょうどいい。

午前中、頑張りましたが、腕も筋肉痛になってきたので休憩♪

【PC】に向かったら、お遊びモードの時に伸ばしている「爪」が
轆轤挽くには、邪魔なくらい伸びてました(笑)
さっそく、爪を切ろうと思います。
マニキュアもはがして、素朴な指に戻ります。

こんな転換が、私の仕事モード突入の習慣です♪

伸びた爪・・・
070115_1328~0001.jpg
posted by 丸山 陶李 at 13:38| Comment(0) | 夢は枯野を

2007年01月13日

「mixi鑑定」をやってみました★

最近のブログはmixi関係のことが多くて、
mixiやってない人は、つまらなくてごめんなさいm(_"_)m ペコリ

いつでもmixiは招待制なので、
mariagratia@gmail.com
に、メールいただいたら、招待いたしますよぉ〜♪

今日は、「mixi鑑定」をしてみました。
鑑定したい方は、
http://kantei.rw.to/mixi/index.php
にアクセスして見てくださいね♪

「mixi鑑定」の結果にコメントもつけられますので
皆さん、思ったとおりのことをコメントしてください(爆)

mixiでのコメント欄は
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=83005039&owner_id=2933313
です。ブログに書きにくい方は、こちらにどうぞ♪

私の結果は・・・
「陶李さん」の基本属性

陶李さんは基本的に、大塚愛を垢抜けた感じにしたような人です。
そんな陶李さんにとって、MIXIとは青春の1ページのような存在です。
マイミクさん達にとって、いつもどんな辛い時でも楽しそうな陶李さんは、心から尊敬できる人です。
大本営的に見て、陶李さんの中で最も注目すべき点はいつもすれ違った人が振り返る眩いばかりの美貌です。
これから陶李さんとマイミクになろうとしている方は、陶李さんの一見優しそうな性格に注意して下さい。 そうすれば、きっと陶李さんとのマイミク関係は爽やかに続けていけるでしょう。
以上の結果を総合的に判断すると、陶李さんは「パピコ」であると言えます。

2007年01月13日現在の「陶李さん」

今日の戦闘力 いっぱいいっぱい
日記を書く気力 スカウターがぶっ壊れるくらい
マイミクへの気持ち 今すぐ会いたい
今日のマイミクさん(今日一番ポジティブなマイミクさんはこの人!) ○○さんでした(謎)

それで、皆さんに質問!
「陶李さんは「パピコ」であると言えます。」
という総合判断ですが、「パピコ」って一体誰ですか???
誰か、教えてください。。。

作年の東京(国立市)の梅
ume.jpg
posted by 丸山 陶李 at 16:35| Comment(0) | 夢は枯野を

2007年01月12日

2月10日(土)に決定

「自分で皿を作って、お鮨を盛り付けて食そう」というオフ会の
「陶芸オフ会日時」が決まりました。

★陶芸オフ会
・開催日:2月10日(土)
・集合時間と場所:13:30にJR取手駅集合(車の方は直接現地)
(取手駅から陶房までは、、陶李さんが送迎します)

・陶芸の後、17時頃から持ち寄った食べ物や飲み物でオフ会を開催
・会費 5000円(交通費は別途)(お鮨オフ会費も別途)
・定員 10名くらい
・土(粘土)は一人2キロ使用
・釉薬代・焼成代・指導代すべて込みの会費です。
・土二キロで、大き目の皿(25〜30センチ)二枚作れます。
 中くらい(15センチ位)なら5〜6枚できます。
 大皿と中皿の組み合わせでも、
 お皿とぐい飲みや湯のみとの組み合わせでも、
 あまったら箸置きなども、作れます。

・完成した時の色は、白と黒、そして焼き締めの三種類です。白と黒と焼き締めを一枚の皿に、うまくデザインしても面白いですね♪イメージング・発想次第で、オリジナリティに富んだ楽しい陶器になることでしょう♪

・作りながら、作った後、楽しいオフ会にしたいので、差し入れ大歓迎(笑)
・駐車場はあります(4〜5台スペースあります。)


三月に焼きあがった皿を持参し、「鮨長オフ会」が予定されています

「陶芸オフ会」に参加希望者は、mixiの以下のイベントに
参加表明のコメントを残してください〜★
   ↓↓
http://mixi.jp/view_event.pl?id=14186028&comm_id=1729238
posted by 丸山 陶李 at 10:36| Comment(0) | 陶芸・個展関連