2006年08月30日

しあわせ

何気ない瞬間に「しあわせ」を感じる。
この暑さの中、白米が美味しい。
贅沢な料理より、美味しいお米がいただけることにシアワセを感じる。
近所の農家の方からいただいた、新鮮な野菜やお漬物に舌鼓を打つ。
収穫を前にした、たわわに実った稲を見て、無事収穫されるようにと自然に祈る気持ちが湧き上がる。

DSCF1454s.jpg
玄関前の田んぼの稲。これは茨城(イバラのコシヒカリ。

美味しいお米は、塩おにぎり・味噌おにぎりにしていただくだけでも満足。
こんなこと感じるようになったのは、都会暮らしをやめてからだな。

庭に植えた果樹に実がついているのも嬉しい。
栗・温州みかん・スダチ・イチジクなど。
収穫よりも、実がついていることがシアワセ。

DSCF1449s.jpg
栗の実が割れて、茶色い実が見えてきた。

DSCF1439s.jpg
いただいてきて移植したニラの花も咲いて美しい。

DSCF1448s.jpg
掘ってきた野ブドウも順調に育ち、実をつけている。

DSCF1441s.jpg
遅蒔きした枝豆も、たくさん実をつけている。
収穫が楽しみ。

今朝は気力・体力ともに充実を感じ、「こんな時じゃなくちゃ!」と、
井戸茶碗を挽く。
菊練りは、ちょっぴり辛い腕と手の痛みを感じるけれど、
個展前の最後の頑張り時、と轆轤に向った。

大井戸茶碗の形。
乾燥も速く、削りまで進んだが、削りを入れながら形が納得できない。
また明日、気力と気迫で井戸茶碗を挽きなおそう。
今日の茶碗も没にはしないけれど。

先日、窯出しした「斑唐津」の茶碗が、とても良い。
気に入っている。
もう少し、斑唐津の作品を窯に入れてみよう。
個展前の最後の追い込みは、「茶碗」と「ぐい呑」。

posted by 丸山 陶李 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を

2006年08月29日

残暑お見舞い

image/touri-2006-08-29T11:57:51-1.dataimage/touri-2006-08-29T11:57:52-2.data

昨日と変わって真夏日になりましたね(暑!)

うちのワンコたちからも残暑お見舞いです♪〜
(左はLamb・右はVolksです)
posted by 丸山 陶李 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を

2006年08月27日

窯出し

昨日から、ちょっと涼しくなりましたね♪
窯焚きしていたので助かりました。

今朝、窯出しした作品を少し紹介します。
まだ井戸茶碗と奥高麗茶碗、そして志野の作品は焼成していないので
個展までに、あと二回は窯焚きしたいと思っています。

・白泥掛け飛ばし大皿
DSCF1391ss.jpg


・黄瀬戸大皿
DSCF1392ss.jpg

・粉引手付き片口
DSCF1402ss.jpg

・三島手手付き鉢
DSCF1430ss.jpg

・三島手花器
DSCF1408ss.jpg

・斑唐津茶碗
DSCF1411ss.jpg

・平和への祈り「鳩」 大壺
DSCF1406ss.jpg
posted by 丸山 陶李 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作過程・窯出し作品

2006年08月24日

募集開始

読売・日本テレビ文化センター柏での10月期の生徒募集が今日から開始されました。

今日の読売新聞にチラシが折り込まれたそうですが、私の手元にもチラシやリーフレットが郵送で届きました。

なお、入会申込みの際、私からの紹介とおっしゃっていただければ、
入会金(5.250円)を5割引の2.625円となる特典がありますので、
ご活用くださいませ。

私の講座「癒しの陶芸」について
詳しくは、読売・日本テレビ柏センターへリンクしましたので
ご覧くださいませ。

http://www.ync.ne.jp/center/kashiwa/sinsetsu07.htm

yomiuri.gif
posted by 丸山 陶李 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

Concert a deux violes

友人のガンビスト・安孫子みかほちゃんからコンサートのご案内が届いています。ご興味のある方は、是非聴きに行ってあげてください♪

〜以下、みかほちゃんからのご案内より〜

来る8月31日(木)、東京、新大久保にてブリュッセルで同門であった
品川聖氏とコンサートを行うことになりました。
柔らかな響きのヴィオル(ヴィオラ・ダ・ガンバ)による二重奏です。
お忙しいとは存じますが、夏の終わりのひとときをご一緒出来たら幸いです。
皆様のお越しを心からお待ちしております。                  
Concert a deux violes
夏の終わりのヴィオル・デュオコンサート
〜フランス・バロックの珠玉の作品を集めて〜


Viole de gambe:品川聖・安孫子みかほ

日時: 2006年8月31日(木)open 18:30  start 19:00
会場: 日本福音ルーテル東京教会
    新宿区大久保1-14-14(JR新大久保駅下車、前の通りを右手方向に徒歩5分)

料金: 3000円(全席自由)

プログラム:サント・コロンブ:「2つのヴィオルの為の合奏曲集」より、
               コンセール第41番「回帰」、第44番「トンボー」
      M.マレ:「ヴィオル曲集第5巻」より、ディアログ
      F.クープラン:「趣味の調和」よりコンセール12番・13番
      L.de ケ・デルヴロワ:「ヴィオル曲集第5巻」より、
2つのヴィオルの為のソナタ第1番
                                  他

お問い合わせ・お申込み:アントレ編集部 042-378-7603 
h-shina@ja2.so-net.ne.jp
               古典楽器センター 03-3952-5515
               


posted by 丸山 陶李 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を

2006年08月23日

勘違い

九月の個展でお世話になるギャラリーよりメール。
「昨日、陶李さんの個展が待ちきれなくて●●さんという方が見えました」

はて・・・・・
名前を伺っても、思い出せない。

ギャラリーに電話を入れて確認したけど思い当たらない。
個展は九月、一ヶ月勘違いして、いらっしゃったようだ。

今年のDMは、早く郵送したので、こんなことも起こるのかも(笑)。

しかし、楽しみにしていてくださる方がいるのを伺って嬉しかった。

あとで、考えたら●●さんというのは、多分十月から開講するカルチャーセンターの支配人さんかなぁ。
暑い中、ありがとうございました。
是非、九月の個展本番にもいらしていただきたいですね♪
posted by 丸山 陶李 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を

2006年08月22日

素焼き中

今日は、体の痛みが和らいでいるので、窯詰めして素焼き中。

陶李塾の塾生さんが、大皿の削りを入れ、白泥と鬼板で紋様を飛ばし、乾燥へ進む。大皿を挽けて嬉しそうだな。私も大皿ばかり挽いていた頃、挽けると嬉しかったのを思い出した。

明日は、釉薬の調合と本焼きの準備。
体の痛みがないことばかりを祈りつつ。
posted by 丸山 陶李 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2006年08月21日

エアコン

 私は暑いのが苦手です。
 秋(と、言っても初冬の11月)に生まれたせいでしょうか?

 東京から長野に移転した時、長野の夏は暑いけど、カラッとしていて
「あ、これが本当の夏だろうなぁ、東京の夏は蒸し焼きだもの」
と、思いました。
 
 札幌に住んでいた十年間は、夏が気持ちよかった。
夕方には、夏でも窓を閉めないと風邪をひきそうな涼しさ。 
湿度も低いので、爽やか。でも、とっても短い夏。お盆を過ぎたら秋の気配がすぐに忍び寄り、半年間は雪と共に生活する。一長一短。

 十年ぶりの関東の夏。東京と比べたら、私の陶房のある取手は周囲が田園だし、コンクリートジャングルより気温も2〜3度は低い。でも、冬はその分寒い。札幌の冬は二重窓に暖房を一日中つけているので室内は半袖で可。昨年、取手に移転した時、「こんなに冬が寒いなんて」と思った。一長一短。

 私の個室のエアコンが調子悪く、とうとう買い換えた。大手電気店で注文したら、一日待っただけで即工事してくれた。なんてありがたいんだろう。昨年の型落ちだから安くなっていた。

 このところ数週間、連日の暑さの中、エアコンの効かない部屋で頑張っていたせいだったのか、昨日は、右腕が蝕まれるような痛さで一日中寝込んでしまった。

 今日は、新品のエアコンが効いて快適。ようやく部屋の冬の衣類と夏の衣類を入れ替えた(遅すぎ)。

 体が動かせるのは、しあわせ。土も練ることができるようになればなぁ。。。個展まで、あと一ヶ月を切った。とにかく窯焚きしなくちゃ。
 
 エアコンの効いた部屋だと痛みが少ないのは湿度が影響しているのかな?
「動けそうだ」、と思う。明日は土を練ってみよう。

 昨日の右腕の痛みには参った。正直、車椅子か寝たきりの生活になるなら、人生自分で終わらせようと思ったのに。エアコンが入っただけで、今日の体の調子が良いのは、なんなんだろう。

 先日の東京の医大での検査結果は、九月一日に出る。個展寸前じゃない。結果を待ってたら、仕事ができない。明日こそ、仕事。
posted by 丸山 陶李 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を

2006年08月17日

事務処理能力はあり?

不自由な体には変わりないけれど、
痛みを感じる程、動かさないように出来る事をやっていこう、と思う。

昨日は、「陶李Mail-Magazine第39号」を発行
メルマガ登録してある皆様に個展やカルチャースクールなどのご案内などの内容で、メールを送らせていただきました。
早速、届いた方から、メールが入り反応があるのは嬉しいものです。

今日は、個展のDMを郵送してきました。
まもなく皆様のお手元に届くことでしょう。
数十部送らせていただたいた皆様、恐れ入りますが、お知り合いにも
声をかけていただければ、と思います。
お世話になりますが、よろしくお願い致します。

今朝メールチェックをしたら、
嬉しいメールが入っていました。

私のホームページをご覧になってブログも読んで頂いている方から
個展に伺いたいという内容と、知人にも宣伝させていただきたいとのことで、
DMを5枚欲しいとのこと。

ホームページを持っていて、ブログも公開していても、
不特定多数のアクセスがあり、それぞれに興味あるコンテンツは違うのだろうけれども、作品から何かを感じて、ブログも読んでいただき、個展にも来てくださる、というお知らせは嬉しいものです。

私の「作品に惹かれました」と言っていただけるのが何よりも作家冥利に尽きます。

もう一つ、嬉しいメールが入っていました。
十月から開講する私の講座「癒しの陶芸」に、
この八月二十四日に、新聞に募集の折込チラシを入れて募集開始予定で、
まだ募集も宣伝もしていないのに、
既に一名の予約が入っているとのことでした。

個展関係の事務処理に終われましたが、
土練りが出来ない今、ちょうど良い仕事だったと思います。

陶李会の佐藤先生に、ご紹介いただいた専門病院。
今日、電話したら明日の予約がとれました。
明日は東京に、お出かけです。
治ると良いのですが。。。

DSCF1380-s.jpg


posted by 丸山 陶李 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を

2006年08月16日

ありがとう

昨日、今日と痛みが和らいで、少し体が楽になりました。
ご心配頂いた皆様、電話やメールを頂いた皆様、ありがとうございます♪

九月の個展に向けて、なんとか頑張りたいと願っていますので、
お知り合いなどに是非、お声を掛けてくださいますようお願い致します。

お盆には母の墓参に父と二人行ってきました。
車の運転はできるのですが、エンジン始動の時に手首が痛くてキーが上手く回せないことなど、不便な状態ですけれど、体は動かせるし、工夫してなんとか陶芸を続けて行きたいのです(執念・・笑)。

先日の検査結果で、九月に再度、専門医の診断を仰ぐことになりました。
また、陶李会の佐藤先生から、別の良い専門病院を紹介していただいたので、予約してみようかと思っています。

さて・・・
本日より、オンラインショップ「Gallery陶李」のお買い物が、
クレジットカード決済が利用できるようになりました。

これで、「銀行振込」「代引き」「クレジットカード払い(オンラインからと、商品お届け時のカード払い・デビットカード払い)」でお求めいただけるようになりました。

高額なものは、分割払いで・・というご要望が以前からあったのですが、今日から、カード払いでは分割・リボ払いもご利用いただけます。

オンラインショップ「Gallery陶李」で販売して欲しい作品がありましたら、是非ご一報ください。ご要望に応えて行きたいと思います。

なお、今日から導入された「クロネコ@ペイメント」というクレジットカード・代引きOK!のシステムは、第三者に個人情報が漏洩することがないので、安心です。どうぞ宜しくお願い致します。

庭にササユリの種を蒔きました。
花が楽しめるのは十年後?

lee1219-img541x406-1150615515f_sasayuri_l.jpg

posted by 丸山 陶李 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を