2006年05月31日

細川護煕展でツッコミ

今週は、今日を除いたら予定が入っているので
細川護煕氏の個展に伺えるのは、今日だけ。
で、行ってきました。

陶房のある取手って、かなり東京中心部へのアクセスが便利。
先日の浜離宮朝日ホールまで、陶房を出発してから一時間半。
今日も日本橋まで、一時間ちょっと。
以前より、TX(つくばエキスプレス)ができたり、
大江戸線など地下鉄のアクセスが良くなっているので、
あちこち一時間半圏内で行けることが、わかってきた。

さて、日本橋の壷中居に到着すると、
芳名録を記入する受付け前に、
李朝・高麗陶器(価格付き)がガラスケースに展示されていた。
これはシメタっ!じっくり拝見させていただこうと、記帳しようとしたら、
目の前に白いスーツ姿の細川婦人。美人!
こちらは、映像や雑誌でお顔を知っているので、
思わず「はじめまして!」と声がでてしまった(汗)。
にっこりと微笑んで、挨拶してくださったが、こちらは汗。。。
何事も無かったかのごとく装い、記帳を済ませました(笑)。

さて、李朝の白磁壷・黒高麗扁壷・三島(暦手)中皿・高麗象嵌青磁茶碗二碗など、ガラスケースの中の陶器をじっくり拝見させていただく。
三島の中皿の裏側も見ようとショーケースを覗く私、きっと受付けにいた方たちからは、変な人と思われたでしょう。。。ふたたび汗。。。

案内の方と一緒にエレベータに乗り三階の個展会場へ。

会場に入ると、目の前に細川氏と立ったまま歓談している女性と目が合う。

「!」

またもや、こちらはテレビでよく拝見しているので目礼をしてしまった。
なんと、歌手の「加藤登紀子」さんではないか。
やはり、にっこりとお辞儀してくださって、(*・・*)ポッとなる。
森山良子さんや、加藤登紀子さんは、昔から好きな歌手だもの当然。
しかし、さすが元首相。個展にいらっしゃるお友達もビッグですわ。

加藤登紀子さんと歓談している細川氏を横に、早速、展示されている作品を拝見する。

高麗モノ・信楽・唐津・楽の作品は、前の個展でも拝見していたが、
今回は「志野」にも挑戦されて、茶碗や香合が展示されていた。
赤いもぐさ系の土が使われていた。

ギャラリーの方が、
「どうぞ手にとって見てください」と声をかけてくださったので、
遠慮なく、茶碗を一つ一つ手に取り、高台まで拝見させていただいた。

加藤登紀子さんがお帰りになると、
細川氏が、私の傍にいらして、わざわざ声をかけてくださった。
「何か聞きたいことがあったら、なんでも聞いてください」と。

そこで、「札幌の三越個展でお目にかかった丸山陶李です」と、ご挨拶。
細川氏が、
「個展の案内状は、届いていますか?」と聞かれるので、
「はい、先生からと、壷中居と、不東のスタッフの方から3枚も届いていますので、陶芸塾の塾生さんにも分けました」と私。(笑)。

「なんでも聞いてください」のお言葉に甘えて、
殿様!に、
恐縮ですが、ツッコミをいれさせていただきました。

お目にかかったら質問しようと思っていたこと、三つ(準備万端!)
を細川氏に尋ねてみた。

1.先月、韓国の土で作陶したいと渡韓なさった時に制作した「井戸茶碗」は、どこに展示されていますか?どんな土でしたか?ボソボソとした土で、固めに練ってありましたか?細川さんの井戸茶碗は、窯は何を使用していらっしゃいますか?

2.小林東五先生は、国宝の井戸茶碗三つを手にされて「喜左衛門」の高台脇削りが薄いことから、轆轤上で高台脇を削っているのではないか?と考察されていますが、細川さんは、どう思われますか?そして、細川さんは、轆轤上で削りをいれていますか?

3.ちょっと失礼な質問かもしれませんが、最近の若い陶芸家の中には、「カイラギ」を化学薬品を利用して出している人が見受けられますが、細川先生は、薬品など使いませんよね?自然に出るカイラギですよね?

と、以上三点。ツッコミをいれさせていただきました。

1.の返答

「韓国で挽いてきた井戸茶碗は、一つだけで、昨日お買い上げ。
すでに売れてしまいました。」
とのこと。無念(涙)。見たかったのに。
「でも、同じ時に挽いてきた、斗々屋(ととや)の茶碗が二つあります」
と、細川さんが案内してくださって、琵琶色をした斗々屋茶碗を拝見。

「これです。」
と、おもむろに斗々屋茶碗の一つを、
片手でつまみあげる細川さんを見て、
思わず、
「先生!そんな持ち方して、あぶなくないですかぁ?」と私。
「ん。だいじょぶ」と細川氏。
見ている私の方が、冷や汗。。。

琵琶色の斗々屋茶碗。一つは御本というか半使(はんす)が出ていました。
そして、韓国で使った土は、意外に、ボソボソとしている土ではなく、ネットリした感じだったそうです。


2.井戸茶碗の高台脇、削りについての返答

「私(細川氏)も、たまに轆轤の上で削っちゃうことありますよ。
小林先生の考察が合っているかどうかは、謎ですね。わからないけど。」

「細川さんは、立って轆轤挽いていらっしゃるから、
 轆轤上で高台脇を削ってしまおうと思われたら、しゃがまなくても
 茶碗の全体が見れるからいいですね。」と私。

「そうそう、ちょっと屈めば、見えるからね」と細川氏。


3.のカイラギについての返答


「私(細川氏)は、薬(釉薬)を、ざっと掛けるだけです。それだけで出てくるカイラギです」と細川氏。

「そうですよね、これは、化学薬品を使ってだしているカイラギでは、ありませんよね。」と私。

最後に

井戸茶碗の話が盛り上がってきたところで、
またまた質問しちゃいました。

「井戸茶碗は、どの窯を使って焼いていらっしゃるのですか?」と私。
「井戸は、湯河原の灯油窯を使ってます」と細川氏。

以上、細川護煕氏の個展での私のツッコミとお答えでした。
歴代首相の中では、細川さんが一番好きだったけど、
陶芸家となられた今に、なんだか安心してしまいました。
でも、作品価格が、ほぼ五割増しで上昇していたので、
庶民には手が届きませんでした。

私が拝見して、心に残った一品は、
唐津茶碗の「奥高麗茶碗」でした。
会場入り口から左手に展示してありました。
二番目に印象に残ったのは、高麗茶碗の「柿の蔕(へた)茶碗」です。
会場入り口から右手に展示されていました。

以前、拝見した個展の時よりも
茶碗は、作行が大ぶりになっており、
ゆったり感が広がった作品が多いな、と感じました。


細川護煕展は、今週の土曜日までです。

会期・2006/5/30(火)〜6/3(土)
時間・午前10時〜午後6時
会場・日本橋「壷中居」
   東京都中央区日本橋3-8-5

今日のブログの内容は、お読みになった方のなかには
「ツッコミ」だなんてハシタナイわ!
と、お感じになられるかもしれませんが、
会場では、アクマデモ品良く、質問させていただきましたので、
ご想像くださいませ♪(笑)。



posted by 丸山 陶李 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2006年05月30日

薬研

今日は「休日」と自己宣言し、休養日。

たまった洗濯物を片付け、
札幌から取手に移転して六ヶ月、
手をつけていなかったヴィオラ・ダ・ガンバを弾いてみることにした。

昨日、楽器をケースから出したら、
駒はズレているし、KORGのチューニング器が見つからないし、
オマケに、10代に覚えてしまったギターの調音しか思い出せず、
ガンバの開放弦の音が思い出せなかった(自爆!)。

急遽、ガンバ仲間に電話で開放弦の音を確認し、メモ!

イヤハヤ、10代の記憶力の威力はスゴイと思いました。
ガンバもギターも、同じ6弦の楽器だけど、調音が違うのです。
最初、ギターの調音をしてしまい、
「何か変?」
と、気づいた次第。

ちなみに、
ギターは低い音の弦(下)から、
E-A-D-G-B-E(ミラレソシミ)ですが、

ガンバは
D-G-C-E-A-D(レソドミラレ)
となります。

通常、ガンバはチェロのように構え、膝で挟んで弾きますが、
たまに、ギターのように楽器を横にして音をだすこともあるのです。

今日、練習していて、ピチカートだけで音取りしてみようと
休憩半分に、ガンバを横に抱えてみたのですが、
アリャリャ・・・横に抱えて弾くと、ギターの調音で指が動いてしまいます。
駄目だこりゃ!
恐るべし、10代の記憶!

私の場合は、あくまでもガンバを膝にはさみ、
ボーイングしないと、間違ったフレットを押さえてしまうことが
よく、わかりました。

もっともっとガンバの練習すれば、10代のギターの記憶は
消滅してくれるのだろうか・・・。(汗)。

画像は、オークションでゲットした「薬研(やげん)」です。
昔、クスリの調合をする時に、薬草を細かくするために使われたもの。
3000円で、見事、落札し届いた現物を見たら、
長年の使用により、鉄製の受け皿に小さな穴が空いており、
せっかく摺っても、散らばってしまいそう。。。

原土を摺るのに使おうとおもったのですが、
どうやら、失敗しました。
やっぱり、スタンパーの方がgoodだなぁ。

鉄の補修って、ハンダ付けですかね??

yagen.jpg



posted by 丸山 陶李 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 高麗・李朝

2006年05月29日

釉薬の調合

マラン・マレ生誕350年記念「マラン・マレ」フェスティヴァル

昨日の演奏者とプログラムの紹介です♪

特別演奏会第1部「マラン・マレの室内楽」

出演者: 桐山建志(バロック・ヴァイオリン)
      菊池香苗(フラウト・トラヴェルソ)
      品川 聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
      安孫子みかほ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
      大塚直哉(チェンバロ)
      市瀬陽子(バロック舞踏)

内容: パリのサント=ジュヌヴィエーヴ・デュ・モン教会の鐘、
      パッサカリア(トリオ集<1692> 組曲ト短調より)、
      ソナタ「ラ・マレジェンヌ」、
      メリトン氏のためのトンボー(ヴィオル曲集第1巻)、
      音階(小オペラ形式による)(La Gamme en forme de petit Opera)



特別演奏会第2部「マラン・マレのヴィオル曲集」

出演者: 平尾雅子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
      中野哲也(ヴィオラ・ダ・ガンバ) 
      金子 浩(リュート)
      上尾直毅(チェンバロ)
      市瀬陽子(バロック舞踏)
      パトリス・ルロワ (語り)
   
内容:
《パート1》 マラン・マレ 舞曲の世界

 2台のヴィオルと通奏低音のための組曲ト長調(第1巻)
  〜プレリュード・アルマンド・クーラント・サラバンド・ジーグ・シャコンヌ〜、

 スペインのフォリア (第2巻)

《パート2》 マラン・マレ 標題音楽の世界

 グラン・バレ(第3巻)、
 嘆き(第3巻)、
 迷宮(第4巻)、
 膀胱結石の手術の図(第5巻)、
 鐘もしくはカリヨン(第2巻)

昨日のブログに桐山建志さんのニックネームを「殿下」と紹介しましたが、
彼のホームページを見て確認したら「みやさま」でした。
失礼いたしました(*_ _)ペコリ

さて、今日は、陶李塾の日。
釉薬の調合テストのため、「長石」「灰」を用い、5種類の釉薬を計量していただいた。
井戸(形)茶碗は、高台の削り後、黄化粧土を掛けて乾燥へとすすむ。
(化粧掛けの後、無事ですよぉ〜♪・・・報告)

マレ・フェスティバルに両陛下がいらっしゃったことは、今日の新聞にでていると塾生さんからうかがう。テレビだけじゃなく当然、新聞社の方もいらしていたのでした。朝日ホールだし・・(笑)。

画像は、来週、ボーメ計(比重計)を使って水分を加え、調合する予定の釉薬の原料。
上の白いのが「長石」
下の灰色(笑)が、「灰」です。
数字は、計量した重量を塾生さんが記入したもの。達筆です♪

yuyaku-tyogo.jpg

posted by 丸山 陶李 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2006年05月28日

マラン・マレ・フェスティバル

marais.jpg

浜離宮朝日ホールで、フランスの宮廷音楽家であり、ヴィオラ・ダ・ガンバ(ヴィオール)の作曲・演奏家として活躍した「マラン・マレ」の生誕350年を記念するフェルティバルがあり、一日、ガンバの音の中で過ごしてきました。

午後1時からは、俳優の山本宣さんが出演するレクチャーがあったのですが、
会場の外で、私のリンク集「音楽」にもリンクしているリコーダー奏者の星典子さんとバッタリ出会い、青空の中、サンドイッチを食べながら、昨日から始まっているフェスティバルの様子をうかがったりして、楽しいおしゃべり。

札幌古楽祭に参加した、なつかしい他のメンバーとも会場で会えて
楽譜や、ガンバの講習会の情報も入り、収穫も上々。

午後2時から第一部が始まる。
札幌古楽祭でガンバの平尾雅子先生の講座を一緒に受講し、
東京個展のレセプションでも応援演奏していただいている「安孫子みかほ」ちゃんのプロ・デビューの演奏を、星さんと一緒に聴かせていただく。

ベルギーに留学して帰国してから、初の安孫子みかほちゃんの演奏。
176センチある背の高い彼女、ピンクの素敵なドレスで優雅に登場。
いやぁ、久しぶりに聞いたのですが、
すごく腕があがり、素晴らしい演奏でした。

そして、午後5時から第二部。
平尾雅子先生の演奏だ。
今まで、6弦のガンバを使っていたが、今日は2004年に制作された日本製の7弦のガンバでの演奏。

まず、ステージに登場した平尾雅子先生の美しさにうっとり♪
素敵すぎます。
そして、今まで先生の演奏を聞いて、期待を裏切られたことがないけれど
今日も、素晴らしい演奏だった。

チェンバロ・リュート・ガンバ・ギターの男性出演者を引き連れ(?)、
さながら「女王」のようだった。

第二部の休憩時間、会場に流れるアナウンス。
「休憩の後、天皇皇后両陛下がいらっしゃいますので、
休憩の後は、皆様早めに席におつきになり、両陛下をお迎えください」


なんて、光栄なんでしょう♪
皆、起立し、満場の拍手で二階席に両陛下をお迎えする。
知らないうちに、TV局のカメラが二階にはビッチリ。

初めて、両陛下を直に拝見した。
演奏会終了後、控え室に移動され、演奏者に御言葉をかけられ、
お帰りになられたが、感激した。

バロック・ヴァイオリン奏者の「桐山建志」さんは、
古楽・音楽界では、「殿下」と呼ばれている。
これは、桐山さんが、皇太子殿下に、よく似ているからだが、
今日、桐山さんのバロック・ヴァイオリンを弾く姿をご覧になった両陛下は、
ヴィオラを演奏する皇太子殿下を思い浮かべられたかどうか。。。

ガンバ・チェンバロ・アーチリュート・トラヴェルソ・バロックダンス・バグパイプが登場した演奏会。
古楽三昧。マラン・マレ万歳!の一日でした。

演奏会の内容については、後ほど書くことにして
今日は、ここまで♪



posted by 丸山 陶李 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を

2006年05月27日

本当だっ!

今日も、引き続き「吸い鉢」を挽く。
なんで、「吸い鉢」をたくさん挽いているかという理由は三つ。

1.昨日のブログに書いたように、再生土や土作りなどの乾燥のため。
2.次回の窯焚きは、井戸茶碗が中心になるので、「素焼き」はいらない。
 でも、素焼きしてから本焼きにしたいものもあるので、
 素焼きの窯が、一杯になる必要がある。
3.固くなってしまった粘土があるので、早く使ってしまいたい。
 (土を置く場所・陶房内のスペースが、あまりないのです)

と、いうことで、素焼きの窯がスカスカなので「吸い鉢」も挽いてます。

suibati.jpg

以前、笑った「茨城弁大辞典」から、
実際に体験して「本当だっ!」と、思った発音があって
思わず笑ってしまったので紹介します。

茨城では「い」と「え」の発音がしばしば逆になる。

例)ンピツ→色鉛筆

「エ」と「イ」の発音、本当に逆の人、年配者には多いです(笑)。

もう一つ、大笑いした茨城弁を紹介。

【いもあらい】 いもあらい

MRIのこと。本人はMRIと言っているつもりだが、年配の人が言うと「芋洗い」と聞こえてしまう。
posted by 丸山 陶李 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2006年05月26日

不思議素敵

午前中、クズ土の再生や、土作りに使用する「吸い鉢」を轆轤挽き。
今日は、大きなモノを挽きたい気分だったので、ついでに壷も一つ。

午後、お友達と一緒に「牛久シャトー」に行ってきました。
茨城県は、のんびりした田園風景が広がるイメージがあるけれど、
ここは別世界。

chatou.jpg

素敵な庭園とワインセラー。
裏には竹林と日本料亭。
土日や休日には賑わう、緑の芝生が植え込まれた
バーベキューガーデンもある。

なんといっても不思議だったのは、
「牛久シャトー」に入るとすぐ「最後の晩餐」の大きな絵が飾られていて、
まるで美術館の入り口みたいだったことや、

saigo.jpg

ヨーロッパ風の庭を歩いていると
右には「ソクラテス」
左には「プラトン」
の彫像。

sokurates.jpg

praton.jpg

プラトンの説明が書いてあったので、記念に撮影。
う〜む。なかなか良いことが書いてある!
ソクラテスのは、説明を撮影するのを忘れた。

praton-setumei.jpg

お友達と入ったカフェは、私の好きなロココ風の家具が使われていて
流れてくる音楽は、バロック♪
美味しいケーキセットをいただいて、くつろいだ。

cafe.jpg

ワインセラーは、ひんやり暗く(当たり前?)、
一人で歩くのは、ちょっと怖いくらい。
合同酒精の歴史を展示してある展示室でも、私好みの骨董的道具が
たくさん展示されていて、歴代ワインの瓶も並んでいた。

wine.jpg

今度、取手の陶房を訪ねてくる方がいたら、
迷わず、「牛久シャトー」も、お連れしたいところになるなぁ。

茨城のイメージと違う(?)不思議で素敵な空間でした♪

帰宅後、湯呑や茶碗の削り作業。

posted by 丸山 陶李 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2006年05月25日

先日、ピーマンを薄くスライスしていた時
切ってしまった左親指の傷が、思ったより深く
まだ親指を曲げられない。
曲げると傷口が開いてしまいそうでビクビク。

神様、「少し休め」と言っているのかな?と思ったりして
のんびりしようと思ったが、

指だけではなく、
車が故障(涙)。

エアコンが利かない。
これから暑くなるのに。

修理を見積もってもらったら、コンプレッサーも駄目で
15万くらいかかるという。

昨日の大雨と落雷で停電したけど、
その前に、やはり車の後方ウィンドウが開いたまま
パワーウィンドウが壊れてしまい、
大雨の中、緊急措置でビニールをガムテープで貼り付ける。
こちらの修理も数万かかるらしい。

おまけに電話も。。。
子機が充電できない。
バッテリーを新品と交換したが駄目。

指・車・電話機。
これで「傷」は済むのだろうか。

重なる時は重なるものだ。

昨日の大雨の中、車の窓にビニールを張る作業をした後、
風邪もひいてしまったらしい。(なんなんだ・・・)。

それでも気を取り直し、
夕方から、湯呑を轆轤で挽いた。
明日は、もっと、左親指も使えるようになるだろう。
柔らかすぎる土を調整しておこうと、アーチにして乾燥。

あちこち「傷」「傷み」の連続。

「どんな空気を吸っても、吐く息は、感謝でありますように」

風邪クスリを飲んで、体を休めます。

posted by 丸山 陶李 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を

2006年05月24日

一期一会のメモワール

今日も、来客。

素敵なプレゼントをいただいた。

私が好きだと言っていた人の歌を、聴かせていただいた。
何度も練習してくれたんだろうな・・・。

素敵なメモワールが、一つ増えた。

昨日も、ご来訪いただいた方と話した事だけど
「一期一会」
今度は、次にいつ会えるか本当にわからない。
人生の先に、何が待っているのか誰も予測できない。

だから、こうしてご来訪いただける人に、
そして、これからも、お目にかかる人に、
「一期一会」
再び、この世で、会うことがなくても後悔しないように
一緒にいられる時を、大切にしたいと思う。

今日の再会、メモワールにも「ありがとう」

「スローモーションで蘇る 君の笑顔はいつもやさしくて・・・」

そうありたい、と思う。

kohiki-09s.jpg
posted by 丸山 陶李 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を

2006年05月23日

お買い上げ

札幌から、お客様が来訪。
先日、窯出しした「平和への祈り"鳩"」大皿と「2006桜鉢」を
気に入っていただいて、ご予約・お買い上げとなりました。

九月個展に出品してから送付することを、お許しいただき
良いものをお買い上げいただき、とても嬉しかったです。

半日、楽しくお話をさせていただきました。
いままで応援してくださった皆様を思い出し、
陶の道を歩み続けてこられたことに
「ありがとうございます」と、感謝の気持ちがいっぱいになる。
「これからも、必要な最低限の体力を与えてください。」と、神に祈る。

明日から、また新たな気持ちで、
「良いものを残したい・・・
神様との共同制作で・・・
私を、あなたの手の中の筆としてお使いいただけますように・・・
あなたの御心ならば・・・。」
と、土と向かい合いたいと思います。

hato0503-kado.jpg

sakura-hati-kado.jpg
posted by 丸山 陶李 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Gallery 陶李

2006年05月22日

原点に帰る

昨日、ブログを書いてから夕食(遅い!)の仕度をしている時、
札幌パークホテルの「桃源郷」で食した「チンジャオロースー」を真似て、
とても薄くピーマンの皮をスライスして炒めようとしていたら、
左手の親指までスライスしてしまいました(涙)。

以前、指先の「ささくれ」に庭の土いじりをしていてバイ菌が入り、
指が二倍に膨れ上がって大変だったことがあり、
今日は、大事をとって、
「口先」だけで塾生さんに、必要なことを伝え、
自分では土には触れない一日でした。

独学で学んできた私には、
「実験」「本」「ビデオ」など、
直接人と触れ合わないで学んできたことがあるので、
原点に立ち帰り、
昔、購入したビデオから「菊練り」を塾生さんと見た。

釉薬のテストピースにする「盃引き(ばいびき)」を10個、
塾生さんに挽いてもらい、
10年ほど前に購入した釉薬の本が、大変判りやすく、
「三点調合」という「長石」「灰」「ワラ灰」の調合画像などもでているので、参考にしていただくよう話し、
釉薬調合の基礎となる「長石」「土灰」の「二点調合」で五種類テストしてみることになる。

塾が終わってから、ビデオや本を整理していたら、
1997年に放映された「千漢鳳」先生のビデオがでてきた。

井戸茶碗・高麗茶碗の再現に取り組まれている様子
(轆轤挽き・釉掛け・窯焚き・窯出し)が、取材されていて、
こちらも9年前のビデオだが、新たに参考になることもあった。

千漢鳳先生に、日本でお目にかかった時、
私が、
「伺って勉強させていただきたいです」と話したら、
名刺の電話番号を指し、
「居ない時に来たら可哀想ですから、電話していつでもいらっしゃい」と
言って頂いていました。

未だ、窯には行けずにいますが
ビデオを見直してみて、
何か「お父さん」に会いたいような感覚になり、
しばし、「先生は、もう70歳をはるかに超えられている、娘さんが跡を継ごうとしていらしたけど、先生は、お元気なのだろうか?」
と、先生のくったくのない笑顔を、懐かしく思い出していました。

塾生さんに、伝えることを自分でも勉強しなおすことは、
私にとって、やきものの原点に立ち返ることにもなり、
忘れてしまったことを思い出したりして、良い刺激になりました。

今日の画像は、山で土を掘る(盗む・・・)私を、
「盗撮」されたものです(笑)。

tutihori.jpg
posted by 丸山 陶李 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作過程・窯出し作品